日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

99年度大阪被害者相談室活動報告「広がる支援の輪」

 事業名 犯罪被害者対策の推進
 団体名 犯罪被害救援基金 注目度注目度5


実りある支援活動を願って

 

大阪被害者相談室代表 堀河昌子

 

私たち大阪被害者相談室の活動も2000年の新しい年を迎えました。1996年4月15日の開設以来4年が経過しようとしています。

1995年の阪神淡路大震災時にいち早く精神的危機介入のボランティア活動「大阪YWCAこころのケアネットワーク」を組織し、被害を受けられた方への心のケアを始めたことが、現在の大阪被害者相談室を生み出す大きな原動力となりました。当初から私たちの活動を支えご協力下さっている関係者の皆さまには深い感謝とともに、御礼申し上げます。

犯罪・事故・災害等による被害に遭われた皆さまへの精神的サポートを目的に電話による相談活動を行っていますが、開設一年目は349回、二年目は592回、三年目は426回、1999年度は3月17日現在468回の相談を受けました。内容も性被害・殺人・傷害・窃盗等の犯罪被害、交通事故、肉親・愛する人との死別、職場・学校におけるいじめ、心の問題等多岐にわたっていますが、この一年間の特筆すべきことは交通事故に関する相談の多さです。愛する人を亡くされた遺族にとって事故ではなく、殺人犯罪としか思わざるを得ない車社会への対応の甘さが、死者への尊厳の欠如が被害者の心の傷を深くしています。また保険制度についても被害者側に立っていない不満が多く語られます。性被害に加え、夫・恋人による家庭内暴力DVの問題も深刻さを増しています。相談室の精神的ケアの対応だけでは解決のつかない場面も少なくありません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,984位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
1,151

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.「Just in Case・・・」パンフレット
2.石川被害者相談室だよりVol.1
3.石川被害者相談室だよりVol.2
4.石川被害者相談室だよりVol.3
5.広島犯罪被害者心の支援センター会報No.4
6.静岡犯罪被害者支援センターリーフレット「あなたの『こころ』を応援します」
7.長野犯罪被害者支援センターリーフレット「みんなのこころが集まって」
8.長野犯罪被害者支援センターポスター「みんなのこころが集まって」
9.長野犯罪被害者支援センターだより創刊号
10.「ナーシングアート大阪」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から