日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

GFRS ISSUES SERIES No.15 「中央省庁等革命問題 ?田中 一昭?」

 事業名 国際的人材育成と研究活動推進のための基金の増額(Further endowment of fund for following-up
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


第2部 巻末資料

 

東洋経済新報社の許可をいただき『週刊東洋経済6月12日号』を掲載させていただきました。

 

異議申し立て

単なる機構いじりに終わらせてはならない

 

省庁再編法案のここが問題だ!

 

このままでは行政のスリム化はおろか、官僚の権力増大につながる

中央省庁等改革問題研究会代表  拓殖大学教授 田中一昭

 

中央省庁は、2001年1月をめどに再編成される。省庁の数が半減されるだけでなく、副大臣制や政務官が導入されるので、政治にも大きな影響を与えることになる。

政府は4月27日に内閣法の一部改正法案をはじめ各省設置法、独立行政法人通則法など一七本の法律案を国会に提出し、併せて今後の改革の推進に関する方針も決めた。

社会経済システムの抜本的改革が必要なこの時期に、長年聖域とされた中央省庁に初めてメスが入ったことは、それ自体高く評価できる。

しかし、私たちの研究会でこの膨大な法律案を精査したところ、多くの重大な問題があることが判明した。行政改革会議の最終報告(97年12月)や中央省庁等改革基本法(98年6月)の持つ問題点がここに来ていよいよ明らかになったものもあるが、一方、これらの理念や趣旨が生かされないおそれがあるものも多い。一歩誤れば単なる機構いじりに終わる危険性をはらみ、かえって深刻な事態を生むおそれもある。

さらに注意すべきは、具体的内容が国会の審査を経ない政令にゆだねられていることだ。政令にどう書かれるのか、監視が不可欠である。

 

内閣機能の強化は運用次第で大蔵支配の拡大に

 

今次改革の最大の目玉が、内閣機能の強化である。内閣官房は、従来、閣議事項の整理その他内閣の庶務や「総合調整」を事務としていたが、新たに「国の重要政策」に関する「企画及び立案」が所掌事務として明確に書き込まれる。

その結果、予算を例に採れば、予算編成の基本方針を内閣官房が企画立案する一方で、予算制度の企画立案と予算の作成は従来どおり財務省が行う。また、内閣官房の事務を「助ける」ために内閣府が置かれる。

経済財政の舵取り役の経済財政諮問会議は内閣府に置かれる機関で、内閣官房の企画立案を助けるために「調査審議」し、「意見を述べる」にとどまっている。同会議設置の趣旨を生かすのであれば、少なくとも内閣が会議の意見を「最大限尊重する」旨を明記すべきだ。

このように内閣官房は政権の中枢機関として強大な権限を持つことになる。では、どのような人材がその任に当たるのか。

内閣と命運を共にする政治任用職は内閣官房長官を含めても一五名(内閣官房副長官三人、内閣危機管理監、内閣官房副長官補三人、内閣広報官、内閣情報官、内閣総理大臣補佐官五人以内)にすぎない。総理秘書官をはじめ内閣官房の一般職員は、各省からの「優秀な人材」と行政外部からの「専門的知識を有する者」(任期付き)に求めることとしている。

なぜ行政の内からと外からとで人材の資質を分けるのか。従来のように、各省派遣による固定化した人事を継続しようとする意図か。これでは、内閣官房が強大になるがゆえに今まで以上に官僚が官邸をコントロールすることにもなりかねない。霞が関での力関係を考えれば、いよいよもって大蔵支配の拡大再生産だ。

 

独立行政法人のトップは経営のプロを充てよ

 

中央省庁スリム化の切り札として導入されたのが独立行政法人制度である。民間的経営手法を取り入れて、運営に弾力性を持たせ、効率化を追求することがねらいだ。ところが法案では長の資格を二種類置き、いずれかの資格要件でよいとする。

第一は、当該独立行政法人が行う事務事業に関して、「高度な知識及び経験を有する者」、第二は、当該独立行政法人が行う事務事業を「適正かつ効率的に運営することができる者」である。

独立行政法人はもともと国の事務を切り離して作るものだから「高度な知識及び経験を有する者」とは、当然に当該監督省庁の出身者になるので、天下りを予定していることは明らかだ。民間の経営者が長になるのは例外扱いになっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,889位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
2,631

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.Glossary of Japanese Transport Policy(運輸用語辞典)
2.海と日本 ビデオ第3作「海賊一村上一族盛哀記一」
3.海と日本 ビデオ第4作「北前船奔る」
4.海と日本 ビデオ第5作「琉球の時代」
5.海と日本 ビデオ第6作「マラッカ海峡?世界が出会う海の交差点?」
6.The Suffocation Of HongKong
7.GFRS政策シリーズ第12号「自由党の政策構想と自自連立?鈴木淑夫?」
8.GFRS政策シリーズ第13号「6月の総選挙に向かって?インドネシアの現状と展望?白石隆」
9.GFRS政策シリーズ第14号「東アジア危機とIMF?白井早由里?」
10.GFRS政策シリーズ第15号「銀行セクターの近況と未来?小原由起子?」
11.GFRS ISSUES SERIES No.11 「共和党多数議会とクリントン政権の行方、そして日米関係の将来像を模索する ?デビット・ファンダーバーク氏?」
12.GFRS ISSUES SERIES No.12 「国を超えたシビル・ソサエティ?オタワ・プロセス、そして今後? ?目加田説子?」
13.GFRS ISSUES SERIES No.13 「ノン・プロフィット:アメリカの教育に果たす役割から ?上野真城子?」
14.GFRS ISSUES SERIES No.14 「混迷するロシア政局と今後の日ロ関係?岸田芳樹? ?上野真城子?」
15.GFRS ISSUES SERIES No.16 「日本は何を目指しているのか:日本の安全保障を考える?長島昭久?」
16.GFRS ISSUES SERIES No.17 「戦火の果て コソボ紛争 現場から?外岡秀俊?」
17.GFRS ISSUES SERIES No.22 「東ティモール問題?その過去と未来、そして世界と日本?貴島正道?」
18.GFRS ISSUES SERIES No.24 「パキスタン・クーデター’99?政治的・経済的視点からの分析?小田尚也?」
19.GFRS ISSUES SERIES No.25 「新しい文化=芸術を創造するために?市村作知雄?」
20.作品別(月別)実施回数一覧表
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から