日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

電装作業安全衛生ハンドブック

 事業名 船舶電装工事の労働災害の防止
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


因みに、国によっては、人体に危険とならない程度の電圧値を安全電圧と称している。その値は、ドイツ及びイギリスで24V、オランダで50V等である。

 

4.1.3 電気火傷

感電災害は、最悪な事態の感電死を逃れたとしても、電気火傷の障害を起こす場合が非常に多い。特に接触電圧が高くなるに従い症状は悪化し、レーダーや無線機等の高周波による火傷もある。

電気による火傷は、他の火傷と異なり、治りにくい。それは障害が生体の深部にまで達するためで、壊死組織の脱落や肉芽の発生、表皮形成の遅いのが特徴である。また,四肢の損傷の際は治療経過中に、動脈、静脈から大量の出血をみることがあるといわれている。ここで、60Hz交流に触れた場合での、人体の抵抗の差異による危害について、文献から抜粋したものを表4.1.4に示す。

 

表4.1.4 60Hz交流に触れた場合の危害

040-1.gif

平凡社 大百科事典、尾佐竹徇「感電」より

 

[参考]電圧の定義(電気事業法 省令第61号第1章 総則“電圧の種別等第3条”による。)

*低圧とは、直流で750V以下、交流で600V以下のものをいう。

*高圧とは、直流で750Vを、交流では600Vを超え、7,000V以下のものをいう。

*特別高圧とは、直流、交流とも7,000Vを超えるものをいう。

 

4.2 作業場での感電防止策

感電災害は、本人の不注意以外に作業場の設備や環境の不安全状態が起因する場合も多く、次の事項に留意する必要がある。

 

4.2.1 造船所等との打合わせと安全上の配慮

造船所等で作業を行う場合は、その事業所の規律があるので、着工前には必ず現場責任者と打合わせを行って、その指示に従うことはいうまでもないが、次のような電気作業を行うときは、安全上の細心の注意を払わなければならない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
22位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
308,851

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.(社)日本中型造船工業会の作成する構造改善計画及びその実施状況について
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から