日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第63号「御幣」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


多摩地方において、流行神的な性格を有しながら受容されていった養蚕信仰、それは、常州神郡豊浦湊(じょうしゅうかんごおりとようらみなと)(現茨城県つくば市)蚕影山桑林寺を拠点とする蚕影山信仰であった。

畠山豊の研究成果によっても明らかなように、近世末、多摩地方の多くの社寺は、蚕影山桑林寺から蚕影山分社の証を受け、蚕影山あるいはその本地である金色姫を祀り、急速に信仰を拡大させていく。(註1])たとえば立川市砂川の阿豆佐味(あづさみ)天神社においては、安政七年二月桑林寺より「蚕影山大権現分社之証(こかげさんだいごんげんぶんしゃのあかし)」を受け、本尊として「金色姫像」を祀ったことがわかっている。

永昌院においても状況は、きわめて類似している。永昌院が蚕影山桑林寺と関連を持ちながら蚕影山信仰の多摩地方の地方拠点となっていった契機が、所蔵される次の文書からも窺える。

 

042-1.gif

 

そして、その許可の代償として

 

042-2.gif

 

と、あるように「旅所」いわゆる蚕影山を分霊し、分社として地方の一拠点とし権限が許され、同時に「御札」を永代にわたって信者に奉授する権利を取得している。

以後、蚕影山信仰の地方拠点としての永昌院は、その祈祷寺院としての実用的な呪術的宗教機能ともあいまって多摩地方を中心に多くの人びとの信仰を集めていくのである。

さて、永昌院における蚕影山信仰の具体相の中で、その信仰をきわめて特徴づけているのが、同院に代々継承されてきた幣束である。この幣束は「金色姫蚕影山幣束」と呼ばれる。そして五色の色紙を用い養蚕の豊作祈願とともに火伏せの信仰をあわせもつことから「五色コウジンサマ」「養蚕農家のコウジンサマ」とも呼ばれている。

かつて蚕をオコサマといい、家を飼育の場としていた頃、多摩地方で養蚕の始まる五月ごろになると、永昌院の住職は各養蚕農家をまわった。蚕の無事な成長と繭の豊作祈願の祈祷をし、この幣束を切って歩いたのである。盛海氏の代になって、もっとも盛んであった頃は、多摩地方に限らず北は埼玉県久喜市、南は長野県上諏訪まで出かけたという。

一方、養蚕農家の側でも、この時節になると永昌院の住職が訪ねて来るのを心待ちにしていた。切ってもらった幣束を、イロリのそばや台所などの火所に供え、養蚕の豊作と火伏せを願った。また「火傷から子供を守るカミサマ」という信仰もあり、この幣束の傍らにゴマの枝を立ておいた。これは「子供が万一イロリに落ちたとき、ゴマの実のようにはじけてポーンと飛び出し助かるように」というものだった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
195位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
65,089

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
5.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から