日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第63号「御幣」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


養蚕神の幣束福生市永昌院に伝わる蚕影山の幣束……佐治靖

 

◎蚕影山信仰の受容と展開◎

 

041-1.gif

金色姫蚕影山幣束

 

東京都福生市、ここに蚕影山永昌院(こかげさんえいしょういん)という寺院がある。現在の住職桑林盛海(くわばやしせいかい)氏で二十三代となる。檀家や墓地を持たず、不動明王を本尊とし、もっぱら呪術的色彩をもつ祈祷を中心とする祈願寺である。

かつて多摩地方で養蚕が盛んであった頃、養蚕が始まる五月になると、永昌院の住職は多摩地方の養蚕農家をまわり、「蚕が当たるように」と繭の豊作祈願の祈祷をし幣束を切って歩いたという。その幣束は「金色姫蚕影山幣束(こんじきひめこかげさんへいそく)」といい、独特な色使いそして独特な造形を有している。

多摩地方における養蚕の一つの転機は、近世末に遡る。安政六(一八五九)年の横浜港の開港にともない、貿易産品として絹糸の輸出が次第に盛んになると、多摩地方は飼育環境・輸送経路といった立地的な好条件も重なって養蚕農家が増加する。それにともない繭の生産量も急増し、養蚕は家の経済を支える重要な生産活動として隆盛をきわめていく。

しかし、養蚕がこうした近代の花形産業としての色彩を強めていく中で、蚕という生きものを対象とし、天候をはじめその時々の自然環境に大きく左右される飼育の難しさと不安は、<近代化の象徴>といった蚕糸業の持つ趣とは相反して、人びとを伝統的な民間信仰の領域―養蚕信仰―ヘと駆り立てていった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
196位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
58,052

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
5.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から