日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第63号「御幣」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


040-1.gif

19]年神を祀る御幣(唐桑町/1999年)

 

040-2.gif

20]白の御幣を祀る準備(仙台市青葉区/1997年)

 

県南部地域は神職が作る正月行事の伝承切紙が少ないといわれる地域であるが、今後、神社だけではなく、寺院への調査も重要な課題である。ちなみに、亘理郡亘理町の天台宗寺院である法道院で現在頒布している御幣の名称をいくつか列記する。水神、明神、釜神、大神宮、三宝荒神、雷神、愛染、諸神、年徳神、恵比須、大黒天、天照大神宮、疱瘡神、八幡大神宮、蛇レイ、馬頭、山神、倉、毘沙門天、不動尊、宇賀神、厩神、弁財天、薬師などである。同寺院では明治時代に用いていた頒布用の覚書が保存されており、その中には権現、古峯、秋葉、松尾、鹿島、熊野、虚空蔵など現在では作られていない御幣の名称が散見される。現在までの信仰の移り変わりや、民間信仰の多様性を示す貴重な資料といえよう。

正月行事は多くの神々を迎え祀る最も大きな年中行事であり、そのため、多様な御幣が用いられてきた。祀る家々にとっては必ずしもその信仰対象が明確ではないという特徴もみられるが、いずれ、民間信仰の多様性、複雑さを正月行事の御幣は如実に物語っている。また、世代交代や家の改築、分家の出現等により、御幣の祀り方に変化もみられる。これは作り手も同様で、移り変わる様を今後、見定めていくことも必要であろう。

最後になりましたが、本稿をまとめるにあたり、ご協力いただきました関係各位に厚く御礼申し上げます。

<仙台市歴史民俗資料館学芸員>

◎掲載写真の*は宮城県神社庁提供。その他は仙台市歴史民俗資料館撮影)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
195位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
65,152

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
5.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から