日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第63号「御幣」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


036-1.gif

1]切り透かしのオカザリと足長の山神(唐桑町/1999年)

 

036-2.gif

2]御霊の御幣と供え物(唐桑町/1999年)

 

036-3.gif

3]八雲神社の赤の御幣(唐桑町/1999年)

 

年神棚には松と竹が表現された年徳神(としとくじん)の御幣を数本を組み合わせて供える。オカミの神棚や年神棚には玉紙を飾り、飯や重ね餅などの供えものをする。なお、この地方の玉紙には恵比寿や大黒をはじめ、宝船、蕪などがあざやかに描かれ、正月を迎える神棚を華やかに彩っている。

元朝参りには廻幣(まわしへい)や小幣(こぬさ)と呼ばれる御幣を奉納しながら早馬神社やその他の神社、仏堂に参拝する。一月四日には仏壇の前に供えた御霊の御幣を取りはずす。当地には早馬神社が別当をつとめてきた八雲神社がある。一月七日の八雲神社の祭典にはこの御霊の御幣か赤の廻幣を持参して参拝し、すでに奉納されている御幣の中から一つを選び取り、帰宅後に自宅玄関に供えるのである(写真3])。このほか、木の伐り初めである一月六日の「初山行事」では、小幣などを木の根本に供えたり、一月一一日に行なわれる農作業の仕事始めを祝う儀礼、「ノハダデ」では畑に小幣を立てる。また、一月一二日の「山神の祭日」では山の神の小祠に参拝し廻幣を奉納する。一月一四日にはほとんどの正月飾りが取り外され、屋敷神に納められるものであった。

 

◎御幣の形態と特色◎

以上、早馬神社の事例を紹介した。神棚には切り透かしや紙注連の切紙が飾られ、屋敷の内外には御幣が供えられる。これらには、一年間の家内安全、豊漁、豊作を祈願する信仰的な意味が十分に感じられる。また、御幣に焦点をあてると、依り代としての性格も見いだせる。とりわけ、具象的な図柄をほどこした御幣は端的に神々を象徴している。このような御幣はすでに知られているように多様な形態が県内で広くみられ、民間信仰の多様性を物語っている。次には神職が作る御幣の具体例を紹介する。

1]県内で最も多くみられる御幣の図柄は俵のかたちである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
194位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
66,147

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
5.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から