日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第63号「御幣」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


028-1.gif

14]つりみてぐら(小松豊孝太夫作)。

手前の袋状の所に米を入れて、邪霊たちを呼び集める。

 

028-2.gif

15]大五の王子(中尾貞義太夫作)。式王子の一種である。

 

◎神霊の依りつく所◎

さて、これまでいざなぎ流の多様な御幣の世界を走りばしりで見てきた。では、これらの御幣の基本的な機能は何なのだろうか。

御幣を切ったあとで「御幣とけ」という儀礼をおこなう。「降りてましませ神様よ、わんぜいましませ神様よ、」などと唱え、出来上がったばかりの真っ白な幣に神を招くのである。また「取り分け」に際しては、幣を切ったあとにできる切り屑、たとえば切り抜いた目口の部分の紙屑であっても決しておろそかにせず、ひとつに集め、みてぐらといっしょに埋める。どんな小さな切り屑でも、それは山の神や水神が自分のものであると考え、そこに宿ってしまうからだと言う。また筆者の勤めている資料館の展示用に多くの幣を切ってもらったとき、太夫にこんなことを言われた。たとえ呼ばなくても、幣ができるとそこが自分の場所と思ってその神霊が来てしまう昔だったら展示用の御幣など考えられないことだ、というのだ。

これらの言葉からわかるのは、御幣が神の依り代であること。複雑に切り分けられる御幣の形はただの形なのではなく、その個々の神霊とつながるための「しるし」なのだということである。目に見えない神霊は太夫が切り出す御幣の中から自分の形を識別し、そこへ舞い降りるのである。

山川の魔群に対する幣が多いことについて、ある太夫はこう言った。祈祷がうまくいかないときに、相手の神霊により適当な幣を切ることが、祈りを成就する手段のひとつであった。太夫たちはより適当な幣を、と思って新たな形を創造し、その種類を増やしていったのだろう。多様な幣はそのような太夫の試行錯誤のたまものだったのだ。不思議な人形幣の数々は、いざなぎ流の太夫の神霊とのコミュニケーションの歴史を物語っているのである。

<高知県立歴史民俗資料館主任学芸員>

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
194位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
66,147

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
5.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から