日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第63号「御幣」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


014-1.gif

23]大峰山の神送り

 

014-2.gif

24]青柴、御幣、旗で囲むようにして神を迎える青柴垣神事

 

014-3.gif

25]藁蛇に突き立てられた御幣(島根県佐田町毛津)

 

【考察】ここに挙げた事例以外にも、島根県出雲地方、鳥取県の因幡、伯耆地方の荒神、島根県石見地方の大元神の祭祀には藁蛇が作られ、これに御幣を突き立てて神木に巻きつけるところが多い。先の例のように削る所作は、出雲地方、伯耆地方に多くみられるが、削る所作は厄を祓うとともに死を、幣を立て神木に巻くのは再生、復活の儀礼である。この藁蛇は大地(自然)の象徴であり、これに宿る神霊、祖霊をも含めて、そこに再生と復活をはかることは、同時に大地(自然)の復活をこころみることになる。この行事に参加する人々もまた、同じである。それは、神と自然と人との共生を願うものであり、そこには恐れと畏敬という二律背反のなかにみられる統合の論理が感得される。その媒介をなすものとして御幣が存在する。

<島根県立国際短大客員教授>

 

1]拙著『農耕文化の民俗学的研究』(岩田書院 一九九八年)四〇七〜四〇九頁

2]拙著 前掲に同じ。

3]拙著 前掲。一四八〜一六四頁

4]倉林正次『冬から春へ―祭祀文化の基層を探る―』(桜楓社 一九九二年)三一四〜三一七頁

5]拙著 前掲。九〜一六頁。

6]高見寛孝「山口県萩市の荒神信仰と地神信仰」続編『日本文化研究所紀要』八三号(国学院大学、一九九九年)

7]拙著 前掲。二一〇〜二二二頁。

佐野賢治編『納西族 彝族の民俗文化―民俗宗教の比較研究―』(勉誠出版 一九九九年)二七二〜二七八頁。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
194位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
66,147

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
5.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から