日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


043-1.gif

淡路島の野島

 

(253)稲日野(いなびの)も 行き過ぎかてに 思へれば 心恋しき 加古の島見ゆ

 

○稲日野――兵庫県高砂あたりの野。○可古の島――加古川河口の船泊り。稲日野を行過ぎ難く思っていると、ゆくてに加古川の船泊りが見えてきた。

 

(254)燈火(ともしび)の 明石大門(あかしおほと)に 入らむ日や 漕ぎ別れなむ 家のあたり見ず

 

○燈火の――明石にかかる枕詞。わが乗る船の明石海峡に入る日には、いよいよ大和の国と別れることであろうか。なつかしい家のあたりを、もはや見ることなしに。海路を西に下る歌。

 

(255)天離(あまざか)る 鄙(ひな)の長道(ながち)ゆ 恋ひ来れば 明石の門(と)より 大和島見ゆ

 

○天離る――鄙にかかる枕詞。○大和島――大和の国の国境いをなす生駒・葛城の連山をこういった。遠い道をたどって来たが、いよいよ明石海峡にかかるとなつかしい大和の山山が見える。海路東行する歌。

 

(256)飼飯(けひ)の海の 庭良くあらし 刈(か)り薦(こも)の 乱れて出づ見ゆ 海人(あま)の釣舟

 

○飼飯(けひ)の海――淡路島の松帆、笥飯野の海。○刈薦――乱れにかかる枕詞。飼飯の沖の海が静かに凪いでいるので、海人の操る舟が、たくさん、入り乱れるようにして漕ぎ出して行くのが見える。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
361位
(32,303成果物中)

成果物アクセス数
29,379

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月30日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
5.自然と文化 第63号「御幣」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から