日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


もし有史以前からだとすると、東南アジアなどに漂海民はまだまだいますから、そいう流れが二千年以上も前からこの列島に入ってきたのかということですね。

もう一つの説の可能性が高いと私はみていますが、はっきりした資料の裏付けはありません。瀬戸内に大量に家船が発生したのは、近世初頭からではないかと私は考えています。村上水軍が織豊政権に徹底的に抵抗します。それで秀吉が「海賊停止令」を発令した。これは「刀狩り」と同じ日なんですね。それで朝鮮侵略に協力した海民は水主浦(かこうら)に住むことが許された。水主浦とは、役が課せられて、平民(百姓)に取りたてられ漁業権が認められた人たちが住む村です。

 

018-1.gif

内浦の漁師たちの家並み

 

018-2.gif

内浦の共同井戸

 

しかし豊臣政権、朝鮮侵略に協力しなかった人たちは、一軒前の漁業権が認められなかった。漁民のほとんどは浄土真宗の門徒で一向一揆に参加していましたから、織田、豊臣側には付かない。そういう人たちには漁業権が与えられなかった。だから家船漁民や被差別部落民になっていったのではないかと思います。瀬戸内の被差別部落には、村上水軍の末裔を名乗る所が多いのです。

谷川…朝鮮侵略では、名護屋が拠点となりました。そこは呼子にすぐ近くです。家船が朝鮮侵略にかなり協力した可能性が大きいと思っています。大村藩の『郷村記』を読むと瀬戸や崎戸や蛎浦に百艘以上の家船がいたとある。それを指揮統制する酋長もいる。松浦党も壇ノ浦に三〇〇艘駆けつけている。北松浦郡は後の家船の拠点です。家船と水軍の密接な関係があります。

沖浦…秀吉が全国を制覇してから、水軍の幹部クラスだった海武士は「船方(ふなかた)」として各藩に取りたてられる。村上水軍の中でも徹底的に織田・豊臣政権に抵抗した村上武吉は、毛利氏の船方なる。最後は四〇人ほどしか残らなかったといわれています。二、三万人はいたと推定される村上水軍は、日頃は漁民として生活していました。上の海武士たちはこのように船方として雇われていくチャンスがあったのですが、下部の漁民たちはどこにも雇われなかった。結局、漁業権もないままに沖合いを漂泊して漁をやる家船になるしかなかったのではないかと考えています。部落民も海村に住みながら、漁業権は持っていなかった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
379位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
26,739

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
5.自然と文化 第63号「御幣」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から