日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


断片的ながら、この一文は江戸末期の大村城下をよく伝えている。また図2-1は、英国の週刊誌『イラストレイテッド・ロンドンニュース』に掲載された、幕末の大村城下の町並みである。おそらく、長崎街道沿いの本町一帯の商家群と思われる。

 

013-1.gif

図2-1 幕末の大村城下の町並み

 

3. 軍都として再出発

 

城下町として栄えてきた大村にとり、明治4年(1871)の廃藩置県等により、大村藩が解体したことは大きな痛手であった。大村市の南部を流れる内田川を境として、かつてその大村城側(南側)は、武家屋敷町であり、その中でも内田川沿いの片町から川を越えた本町一帯は商業地域を形成し、江戸時代にはこの界隈が最も賑わったところである。

大村藩の消滅によって禄を失った旧武士たちは、自活の道を探さねばならなかった。生活に窮した旧武士の中には、住みなれた屋敷を離れ、藩政時代に与えられていた旧知行地に戻っていく者も多かった。やがて次第に旧武家屋敷には空家がめだち、それに伴って本町界隈の商家も寂しくなり、店をたたむ者さえ生じる有り様であった。

安政3年(1856)と明治17年(1884)との人口・戸数を比較すると、前者が2万1,662人・5,788戸であるのに対して、後者は1万9,299人・4,925戸と、時代の経過に逆行して、人口にして1,733人、戸数にして863戸減少しているのであるc

こうして大村藩の解体は、城下町大村にとり深刻な影を落とし、ことに明治25年ころには極に達した。

一方、この当時の日本の国情は、明治27・28年(1894・95)の日清戦争に勝利をおさめたものの、いわゆる三国干渉により、より強固な軍備拡大が迫られていた。実はこの国土防衛策が、大村におよぶこととなったのである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
843位
(33,355成果物中)

成果物アクセス数
12,634

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年5月8日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
3.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
4.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
5.自然と文化 第63号「御幣」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から