日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

統計グラフでみた世界の中の日本(解説編)

 事業名 統計知識・思想の普及用テキストの開発に関する調査研究
 団体名 全国統計協会連合会 注目度注目度5


女性の生涯未婚率(日本)

029-1.gif

 

4 若者からみた理想の父親像は、家庭重視型が増えつつも、国際水準には達せず

図4

日本には“働きバチ”を称賛する気風があった。現代の若者からみて、「仕事よりも家庭を重視する父親」を理想と考える割合を国際的に比べてみると、フランスが92.5%と最も高く、次いでイギリス91.5%、アメリカ89.5%などとなっていて、日本は73.5%で最も低い。ちなみに日本について経年の変化をみると、20年前の40.0%から上昇しているが、世界の水準に比べれば、なお低い。

 

5 父親による家庭教育は不十分

図5

父親が家庭で過ごすことが多くなるとして、子に対する社会生活についての家庭教育がどうなっているのかについてみてみる。

「父親から生き方、行動の仕方、道徳などの社会生活についての指導を受けたことがある」若者の割合は、日本では約65%で、11か国中9番目となっている。

一方、日本の保護者で、「我が子の非行化防止に対し親としての自信をもっている」者の割合は、過去と比較して低下しており、年齢層別にみると、若年の保護者ほど自信の乏しい傾向がみられる。(次図)

 

非行化防止に対する自信(日本)

029-2.gif

資料:総務庁「非行原因に関する総合的研究調査(第3回)」

1 調査時期 98年9月

2 調査対象 小・中学校の保護者2,061名

 

非行化防止に対する自信(日本)

029-3.gif

資料:上図に同じ

 

6 ボランティア活動、日本は最低

他人や社会に対する意識の1つとして、ボランティア活動について、「現在、活動している」者の割合で国際比較してみると、アメリカが20.7%と抜んでて高く、次いでスウェーデン15.8%、フィリピン15.0%、フランス14.7%なとが肩を並べている。その中で日本は2.7%と低い(下図)。

 

029-4.gif

資料:総務庁「第6回世界青年意識調査」(1998)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
43位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
211,754

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.統計グラフでみた世界の中の日本
2.特定非営利活動法人の現状および活動の状況に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から