日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

統計グラフでみた世界の中の日本(解説編)

 事業名 統計知識・思想の普及用テキストの開発に関する調査研究
 団体名 全国統計協会連合会 注目度注目度5


アジア経済危機の震源地であったタイは、91年から95年まで8%台の成長を遂げたが、その後鈍化し、98年はマイナス9.4%と落ち込んだ。近隣のインドネシアは90年代7〜8%程度成長してきたが、97年4.7%となり、98年は13.7%のマイナス成長、マレーシアも90年代7〜9%の成長を続けたが、98年はマイナス6.7%となった。しかし、アジア経済危機は日本を含めた国際協力による支援もあって、99年には落ち着き、回復の軌道に乗りつつある。(参考)

大戦後、各国は、市場経済の自由主義経済圏と計画経済の共産主義圏の東西軸の中でそれぞれ経済の発展を期したが、計画経済はうまく行かず90年ごろまでに多くの国が市場経済に移行した。しかし移行は容易でなく、市場経済移行国は上記の期間対比によると、成長率は2.2%からマイナス3.2%へ低下しており、苦難の途が続いている。

図2(右)

90年代の一人当たりGDPの増加率をみると、発展途上国全体では先進国を上回って増加しているが、人口増加圧力も強いためにその水準は低く、アフリカ地域、市場経済移行国など生活水準改善の前途は厳しいものがある。

 

(注)

国内総生産(GDP):国内で生み出された所得+固定資本減耗+純間接税(間接税-補助金)

国民総生産(GNP):GDP+海外からの国民の雇用所得や投資収益の受け取り-海外への外国人の雇用所得や投資収益の支払い

国民所得(NI):国内で生み出された所得+海外からの国民の雇用所得や投資収益の受け取り-海外への外国人の雇用所得や投資収益の支払い

 

(使用した統計)

経済企画庁調査局「海外経済データ」平成11年12月号

IMF“World Economic Outlook”,1999

上記機関のホームページなど

 

(参考) 経済成長率(GDP)の国際比較(先進国平均・アジア主要国別)

003-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
43位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
211,797

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.統計グラフでみた世界の中の日本
2.特定非営利活動法人の現状および活動の状況に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から