日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「リアルタイム空地データリンクの研究」報告書

 事業名 航空保安技術に関する開発調査
 団体名 航空振興財団 注目度注目度5


この結果からモード3の伝送フォーマットは、エラーコレクションの能力が優れた特性を持っていることが分かり、5.2.8項と合わせて、クリティカルな情報の伝送に適したフォーマットといえる。

 

5.2.10 評価結果のまとめ

 

(1) モード3のリアルタイム性の実現

モード3の物理層試作結果がSARPsで規定されるデータ遅延量(最短応答時間から算出した142ms)に対し、24ms以下と大幅に規格を満足する結果であった。また、通信制御部の処理を除いたハードウェアの遅延時間は、14ms以下であり、通信制御部で許される遅延量を逆算すると128msの時間を割り当てられることになる。ここで、通信制御部を処理時間の中で除いたのは、実用機材を運用した場合に、上位層の処理を細かく網羅しなければならず、また、使用するコンピュータの能力によって如何様にもなることが予想されるため、今回汎用のPCを使用し測定した結果が実機に直接結びつくものではない。結果としてVDLモード3のリアルタイム性は、上位層の処理遅延量に大きく左右されることになる。

 

表5.2.10-1 処理遅延量実測値

099-1.gif

*H/Wに占める処理時間

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,142位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
4,249

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「GPS補強システム用機上受信機の開発」報告書
2.「小型機運航に対する地上支援システムのあり方調査・研究(その3)」報告書
3.「地上疑似衛星を用いた精密進入援助システムの開発」報告書
4.教養誌「ほのお ’00/4月号」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から