日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「リアルタイム空地データリンクの研究」報告書

 事業名 航空保安技術に関する開発調査
 団体名 航空振興財団 注目度注目度5


5.2.5 複数ユーザグループの検証

 

VDLモード3には、同一周波数を複数のユーザグループとして独立に制御する事が可能である。ここでは、機上局が、周波数を変えることと変わりなく物理層の段階で、ユーザグループ制御を正確に行えるか検証する。

(1) 設計要求

機上局に於いて、異なったユーザグループのデータは受け付けない。

(2) 評価条件

地上局から複数のユーザグループに対し、異なったデータを送信し、指定されたユーザグループチャンネルのデータのみ受信できることを確認する。

 

093-1.gif

 

(3) 評価結果

図5.2.11-5は、システム構成が2V2D時に、ユーザグループBとして指定された場合の結果である。この図より、MバーストがBスロットのみに受信されており、且つ、V/Dバーストも自局ユーザグループのDスロットのみ受信されていることことから、異なったユーザグループのデータを適切にマスクできていることが確認された。

 

5.2.6 音声チャンネルの検証

 

音声チャンネルの検証に、特に重要な部分は、音声をコード化するまたはデコード化する音声処理部にある。しかし、現在のところ音声処理部として、独自に評価されている段階であり完成された状況になく、VDLモード3に組み込まれた状態で評価することができない。このため、音声処理部を除く処理遅延および処理シーケンスが確立できているか検証した。

(1) SARPsの規定

6.4.2.1によれば送信音声をデコードし、RFバーストとして送信するまで、150ms以下でなければならない。(この中に地上ネットワーク遅延量の45msを含む物とする)但し、モード3のシステム構成では、音声チャンネルとして使用できる間隔は、120msとなる。

(2) 評価条件

音声処理部の送信許可処理時間を計測するため、5]音声要求(RTS)を行ってから通信制御部から音声処理部に7]音声許可をするまでの時間と、V/Dバースト音声ヘッダを出力する時間をそれぞれ、計測した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,143位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
4,352

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.「GPS補強システム用機上受信機の開発」報告書
2.「小型機運航に対する地上支援システムのあり方調査・研究(その3)」報告書
3.「地上疑似衛星を用いた精密進入援助システムの開発」報告書
4.教養誌「ほのお ’00/4月号」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から