日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「リアルタイム空地データリンクの研究」報告書

 事業名 航空保安技術に関する開発調査
 団体名 航空振興財団 注目度注目度5


図5.2.3-6から、復調処理時間に2.14ms必要であった。この時間は、22シンボルに値し、送信データが送信し終えるのとほぼ同時に復調処理が終了しているのが分かる。

以上の2つの項目をまとめると、

・UW相関処理時間  →0.76ms(8シンボル)

・復調処理時間 →2.14ms(22シンボル)

・復調処理時間は、合計2.9ms(30シンボル)である。

 

090-1.gif

図5.2.3-7 最小バースト間隔

 

この値は、復調処理の最小となるMバーストとV/Dバースト間の伝搬ガード時間が"0"となった場合でも、復調処理時間が30シンボルであるため、次の相関処理までには、復調処理を終えており、最小バースト間隔においても復調動作が満足できる値であることが検証できた。

 

5.2.4 TDMA制御部の処理時間

 

TDMAの処理時間には、主に、GOLAYとリードソロモン符号化処理があり、これらの処理時間をそれぞれ検証した。

(1) 設計目標

TDMAの処理時間により、通信制御部が書き込める最小間隔が決定されるため、少なくとも、1スロットと時間以内の30ms以下でなければならないが、マージンを考慮し、デコード処理に16ms、エンコード処理に26msを割り当てた。

(2) デコード処理評価条件

TDMAの処理時間の計測には、GOLAY処理およびリードソロモン符号化処理は、ハードウェアとファームウェアで実現している。通信制御部のS-I/Oユニットから送信されたデータを受けてから、つぎのデータを受け付けるまでの時間を計測した。

処理していることを示している、S-I/Oユニットの"DR"信号が"L"レベルになっている区間を処理時間として計測する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,143位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
4,352

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.「GPS補強システム用機上受信機の開発」報告書
2.「小型機運航に対する地上支援システムのあり方調査・研究(その3)」報告書
3.「地上疑似衛星を用いた精密進入援助システムの開発」報告書
4.教養誌「ほのお ’00/4月号」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から