日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における高度情報化人材育成の方策に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


2 情報リテラシー育成についての考え方

 

(1)情報化の基礎的能力

情報システムを導入しても、職員が使えないと何にもならない。また、パソコンが使えればそれで良いという訳でもない。すべての職員が情報を適切に取り扱い、情報から知恵を取り出すとともに、その知恵を持ち寄って事務事業に反映させていくことが必要なのである。

横須賀市では、職員は、パソコンを立ち上げ、各情報システムの基本的操作が出来ることが、仕事の前提条件となっている。このことに加えて、データ・セキュリティや個人情報の取り扱いについて理解していること、ネットワークにおけるルールやマナーを身に付けていることなどを情報化の基礎的能力、即ち基礎的情報リテラシーと定義している。

 

(2)情報リテラシー育成の戦略

最初は、どこから手を付ければ良いのか迷ったが、まず、情報化推進リーダーとなる職員を発掘、育成(電脳職員養成研修)することから始めた。次に、前述した各情報システムやパソコンを段階的に導入し、その都度、パソコンの基本操作研修やシステム利用研修を実施し、職員全体が情報化の基礎的能力を身に付けることが出来るようにした。情報化担当課の職員だけでは、全職員の研修は出来ても、フォローアップが出来ないからである。リーダーはヘルプデスクを兼ねると同時に、情報化を進める原動力となっている。

 

3 情報化研修の取り組みと成果

 

(1)研修体系

研修は、初級から上級まで職員のスキルに合わせて設定し、情報化担当である情報政策課と一般研修担当である人事課が分担して行っており、基礎的研修は徐々に一般研修として人事課に移行していく予定である。

 

横須賀市の情報化研修体系

070-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,106位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
3,670

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「地方公共団体における情報公開のための文書管理システムの調査研究」報告書
2.「地方公共団体における情報システムのセキュリティに関する調査研究」報告書
3.http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp./kenkyu/kennkyu_top.htm
4.教育研修カリキュラム
5.「里山におけるエコミュージアムの実現に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から