日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト

 事業名 危険物の危険性評価に関する講習
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


ロ) 船舶所有者

危険物取扱規程の船長への供与、船舶所有者がコンテナに危険物を収納する場合のコンテナ収納検査の受検、コンテナ危険物明細書の船長への提出、その他

ハ) 工事施行者

工事(溶接その他の火花又は発熱を伴う工事をいう。)を行う工事施工者は、あらかじめ船長又は船舶所有者と十分な安全確認(危険物との隔離距離、ガス検定等)を行った上で工事を行うこと。

これらの規定のうち、主要なものは以下のとおりである。

3.2.1.1 工事等(第5条) ; 危険物積載時の工事等は厳しく制限されている。

.1 火薬類を積載し、又は貯蔵している船舶においては、工事(溶接、リベット打その他火花又は発熱を伴う工事をいう。)をしてはならない。

.2 火薬類以外の危険物又は引火性若しくは爆発性の蒸気を発する物質を積載し、又は貯蔵している船倉若しくは区画又はこれらに隣接する場所においては、工事をしてはならない。

3.2.1.2 荷役(第5条の4) ; 危険物荷役時の船長の立ち会い義務

危険物の船積み、陸揚げその他の荷役をする場合は、船長又はその職務を代行する者は、これに立ち会わなければならない。

3.2.1.3 危険物積荷一覧書(第5条の6) ; 船長の危険物積荷一覧書の作成・保管義務

船舶に積み込まれる危険物について船長は、その品名等詳細について明らかにしておく必要があることから危険物積荷一覧書の作成・保管が船長に義務付けられている。

船長は、沿海区域において運送する場合を除き、当該船舶に積載した危険物について、以下に掲げる事項を記載した危険物積荷一覧書2通を作成し、うち1通を船舶所有者に交付し、他の1通を船舶内に当該運送が終了するまで保管しなければならない。

1. 船舶の名称、国籍及び船舶番号

2. 旅客船であるかどうかの別

3. 船長の氏名

4. 船積み、積み替え及び陸揚げの港名及び年月日

5. 荷送人の氏名又は名称及び住所

6. 荷受人の氏名又は名称及び住所

7. 危険物の分類、項目、品名、副次危険性、国連番号及び容器等級又は隔離区分

8. 個数及び質量又は容積

9. 積載の場所及び状態

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
6位
(33,678成果物中)

成果物アクセス数
820,196

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月31日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から