日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進的な環境対策活動モデル事業報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


第5章 今後の課題・留意点

 

1. e請求書を活用した決済連動システム構築について

 

・フラミンゴが全国展開した場合、各地区(組合)ごとにサーバを設置するのか、一元化するのかについて、運用体制を確立することが求められる。なお、サーバを各地区(組合)毎に設置する場合は、サーバの仕様を統一して、システムやデータに互換性を持たせることが重要である。

・オープンなインターネット上で決済システムのサーバを設置するため、セキュリティには細心の注意を払うことが必要である。本仕様では、認証システムの確立、及びアクセスログ・e請求書のバックアップ取得に留意し、システム及び運用の2つの側面からセキュリティに配慮することとした。ただしシステム構築時には、最新技術の見直し、導入を行うことが重要である。

また、本仕様では、e請求書を作成する「XML変換システム」をサーバ側で構築しているが、XMLが普及し、XML文書作成、変換ツール等の環境が整備されてくれば、e請求書をクライアント側のパソコンで作成・送信することで、オープンなネットワーク上で構築するより、セキュリティ対策は万全なものとなる。

・バンキングソフトとして(株)テクニカルソフトの「バンキングマム」の新バージョンの利用を想定しているが、実施設計段階では、バンキングソフトの選定見直しを行うことが重要である。また、実施設計においては、バンキングソフトのベンダーと連携したシステム構築を行うことが重要である。具体的には、e請求書を作成する「XML変換システム」は、ベンダー側に開発を依頼することで、精度の高いシステム構築が期待できる。

・本仕様で提案したe請求書の仕組みが、フラミンゴ会員企業の会計システムへ組み込まれ、標準化されるよう留意することも、システム開発において重要な要因である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,442位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
7,404

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.新海上交通システムの調査研究報告書
3.エコ交通に関する調査研究報告書
4.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
5.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
6.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から