日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進的な環境対策活動モデル事業報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


2. 他地域への普及の状況と今後の可能性

 

(1) 他地域への普及の状況

1] 新たにフラミンゴを導入する団体

フラミンゴのシステムを用いた求車求荷システムとして、フラミンゴ東京以外にも、いくつかの地域で新たな団体が設立、ないしは設立に向けた準備を進めている。

■フラミンゴ福井(仮称)

*会員の概要:社団法人福井県トラック協会会員企業を母体として設立予定

*会員数:未定(約20〜30社で設立予定)

*設立の経緯:同協会青年部協議会では、本年度の協議会の活動テーマの一つとして企業間連携による新しい取り組みの可能性を検討していた。こうした活動の中で、フラミンゴに着目することとなり、フラミンゴ東京事務局への訪問など研究を重ね、導入に向けた準備を進めるに至った。しかし、導入に向けては、フラミンゴの研究、導入に主体的に取り組んだ会員だけでなく、青年部協議会全体に幅広く参加を求めることが望ましいことから、協議会会員企業にフラミンゴの仕組みや意義について周知、啓発することが求められた。そこで、交通エコロジー・モビリティ財団の主催により、フラミンゴ東京事務局真下氏を講師とした研修会を実施、フラミンゴに対する会員企業の認知度を高めたことにより、当初中心メンバー10社弱での立ち上げが想定されていたものが、20〜30社の規模にまで拡大して立ち上げられる見込みとなっている。

*設立時期:平成12年3月末までに団体を組成し、4月よりシステムを稼動予定

*同報範囲:同一ナンバーでの同報範囲は福井県トラック協会内の会員企業とし、別途フラミンゴ東京、フラミンゴ北トラネット(仮称)と相互乗り入れ※を予定している。

*その他:コードは、原則としてフラミンゴ東京と同一のコードを用いることを想定している。

※各団体会員を同報範囲とするナンバーを団体間で共有し、各団体の会員は、貨物の発生した地域に応じて、いずれの団体の会員にも情報発信することができることとした。現在、NTTdocomoのサービスにおいては、3グループまでの登録は無料であるため、上記三団体の相互乗り入れによる新たなコスト負担はない。以下同様。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,442位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
7,404

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.新海上交通システムの調査研究報告書
3.エコ交通に関する調査研究報告書
4.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
5.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
6.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から