日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進的な環境対策活動モデル事業報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


*即時に情報を入手でき、迅速性が高い

コンピューター通信では、発信された求車情報を得るためには、自らネットにアクセスする必要があるが、ポケベルによる傭車システムでは情報は発信されると即時に会員全員に認識されるため、受け手は常に情報を即時に入手でき、情報発信者も迅速なレスポンスを期待することができる。

*安定性が高く災害時の物資輸送情報の伝達手段として活用できる

NTT基地局からの無線による通信手段であるポケベルは、コンピューター通信の伝達経路でもある電話回線と比較して、相対的に災害時等の安定性が高く、緊急物資輸送情報の伝達手段としても活用が期待できる。

■無線による傭車システムと比較したメリット

*免許が不要

無線による傭車システムでは、基地局、移動局の無線通信設備に投資コストが係る他、無線通信局の設置に免許が必要である。これに対しポケベルによる傭車システムは当然ながらこうした特段の手続きは不要である。

*記録性があり情報伝達ミスが少ない

電話を用いた場合も同様であるが、音声によるメッセージ通信であり、一般的にはメモリー機能がないため情報伝達ミスがあっても、別途電話等で確認を行うまでチェックができない。これに対しポケベルによる傭車システムでは、ポケベルのメモリー機能により事後の情報発信内容の確認が可能である。

*参画企業数の制約が小さい

無線によるシステムの場合は、1チャンネルあたり20社程度が限界であり、それ以上だと混線してしまうとされているが、ポケベルの場合はこれよりも遙かに多くの会員を一斉同報の対象とすることが可能である。

(4) 今後の方向性〜携帯電話の発展とフラミンゴ

これまで、携帯情報端末は、同会社端末間での文字情報の送受信や電話機能などのコミュニケーション機能が中心であった。しかし、NTTドコモによるiモードサービスを契機に、携帯電話そのもののインターネット接続端末化が進行している。また、携帯電話に限らず、ポケットベル、PHSなどの携帯情報端末においても、インターネットメールの送受信サービスが展開されている。以下では、フラミンゴシステムへの新たな携帯情報端末活用の可能性について検討を行う。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,442位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
7,404

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.新海上交通システムの調査研究報告書
3.エコ交通に関する調査研究報告書
4.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
5.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
6.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から