日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


4.5 アイドリングストップを実施した際のエンジン始動回数

 

アイドリングストップはCO2および燃費に対して有効であり、さらにディーゼル車では排出ガス低減に有効であることが認められた。しかしながら、アイドリングストップの実施はエンジン始動回数の増加を招く。そこで、信号待ちでアイドリングストップを実施した場合の増加割合を推定してみる。各車種別の平均トリップ長を表4.2に示す。これから、大型ディーゼル貨物車(表中の営業用普通車)の平均トリップ長は103.7km、小型ディーゼル貨物車(営業用小型車)は50.7km、大型路線バス(営業用乗合バス)は13.2km、ガソリン乗用車(自家用乗用車)は15.8kmである。

 

表4.2 平均トリップ長

041-1.gif

041-2.gif

運輸省:平成9年度自動車輸送統計年報

 

表4.3 アイドリングストップを実施した際のエンジン始動回数

041-3.gif

都市内の平均的な走行(平均車速は約27km/h)でのアイドリングストップを考え、表4.1から単位距離当たりの始動回数を求め、平均トリップ長での始動回数を表4.3に示す。ここでは、大型ディーゼル貨物車は主に都市間輸送であり、平均トリップ長がすべて都市内走行で占められていないため、ここでは小型貨物車で代表した。エンジンの始動は1トリップ当たり1回であるが、都市内走行の信号待ちでアイドリングストップを実施することにより、エンジンの始動頻度は、例えば乗用車やバスにおいて30秒以上で実施した場合約6倍、10秒以上で実施した場合約12倍、小型貨物車において30秒以上で実施した場合および10秒以上で実施した場合、各々約24倍および約42倍増大することになる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
201位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
62,049

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.新海上交通システムの調査研究報告書
3.エコ交通に関する調査研究報告書
4.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
5.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から