日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


その結果、NOxについては22秒以上、粒子状物質については112秒以上のアイドリングに対してエンジンを停止することにより、各汚染物質を低減できるが、ガソリン車については傾向がみられないとの報告がなされている。

4台のディーゼル車について、神奈川県内ディーゼル車実走行モードおよびM15モードを走行し、約20秒以上のアイドリング状態の時にエンジン停止した場合の効果について調査し5)、NOx、CO2、および燃料消費量は低減するが、HCおよびCOは若干増加する結果を報告している。

同様にガソリン車について、30秒以上のアイドリング状態の時にエンジン停止した場合の効果について調査しており6)、COについては増加または著しく増加しているが、NOxについては車種により異なると報告されている。

1台のディーゼル車および5台の三元触媒装着ガソリン車について、長時間エンジン停止した場合の問題点の検討を目的として調査している7)。試験モードは模擬駐車走行モード+M15モードまたは10・15モードで、エンジン停止時間は停止しない場合から20分間である。その結果、ディーゼル車において20分間のエンジン停止は、再走行した時の汚染物質に影響を及ぼさない。しかし、ガソリン車においてCO2排出量はエンジン停止時間に比例して低減するが、NOx、HC、COについては車両間、エンジン停止時間で異なり、一定の傾向が見られなかったとの報告がなされている。

 

2.4 従来の調査結果のまとめ

 

アイドリングストップの有効性にして、これまで2機関においてシミュレーションにて、また2機関、合計5つの実測調査がシャシダイナモメータを用いた台上試験にて行われている。それらの概要を比較したものを表2.1および表2.2に示す。ここで、アイドリングストップの有効性および有効時間に関しては、表2.2から、ガソリン車に対してアイドリングストップは、CO2には有効であるものの、他のCO、HCおよびNOxには傾向が見られず、ディーゼル車に対してアイドリングストップは、最短で22秒(NOxに対する有効時間)から、最長で112秒(粒子状物質;PMに対する有効時間)以上で有効であるとの報告がなされている。しかしながら、アイドリングストップの有効性およびその有効時間は、エンジン再始動後、アイドリングを持続した状態で検証されている。

信号待ちや荷下ろしでのアイドリングストップを想定しているのであれば、エンジン再始動後、直ちに発進する条件下で検証することが重要であり、本調査ではこのような条件での効果を対象とした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
201位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
61,894

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.新海上交通システムの調査研究報告書
3.エコ交通に関する調査研究報告書
4.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
5.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から