日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新海上交通システムの調査研究報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


4 炭酸ガス削減量及び新海上交通システム導入の費用対効果

 

4.1 新海上交通システム導入による炭酸ガス排出量削減調査

ここでは、輸送時(大分〜東京、志布志〜和歌山)におけるトラックと船舶からのCO2排出量の試算より、新海上交通システム導入による炭酸ガス削減効果の比較を行う。

4.1.1 CO2排出量換算係数の設定

CO2排出原単位とは、1トンキロメートルあたりの貨物輸送時に排出されるCO2の重量(g)を示すが、「環境と運輸・交通」(平成6年6月・財団法人 運輸経済研究センター)によれば、以下のとおりである。

 

表4.1.1 輸送機関別CO2排出量換算係数

040-1.gif

(資料:「環境と運輸・交通 環境にやさしい交通体系の形成を目指して」)

 

トラック輸送では、全国平均([1])と東京・北九州圏の地域間輸送([4])のCO2排出量換算係数が大きく異なるのは、[4]の値が輸送効率の高い2社からのヒアリングをもとに算出されたものであり、一般的には全国平均([1])に近いものであると考えられる。

また海上輸送については、本検討においては[3]または[5]で示されている船舶と比較して、航海速力30ノットの高速、高馬力機関を備えることを計画していることから、燃料消費量が増え、これに伴ってCO2排出量も必然的に大きくなるものと思われる。

そこで、本検討においては輸送機関別のCO2排出量換算係数について、「環境と運輸・交通」をもとに下記に示すとおり算出した値を使用するものとする。

(1) トラックのCO2排出量換算係数の算出

長距離トラック([4])、営業用トラック([1])および自家用普通トラック([2])のCO2排出量をもとに、特別積み合せトラック事業における中小企業割合(約80%)およびトラック輸送トンキロメートル分担率(営業用:自家用=75.7%:24.3%)より、次式により算出する。

なお、中小企業割合は「日本トラック協会資料」、またトラック輸送トンキロメートル分担率は「運輸省資料」による。

 

CO2排出量換算係数(g-c/t・km)=(20.4×0.2+48.3×0.8)×0.757+81.5×0.243=52.1g-c/t・km

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
8,245

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.エコ交通に関する調査研究報告書
3.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
4.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
5.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から