日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


・メンバーへの出版物、年鑑の提供

・ライブラリーのサービス(書籍、論文、ビデオ)

・雇用機会とキャリアに係わるアドバイス(交通とロジスティックス)

・トレーニング(交通とロジスティックス)

・年1回の交通とロジスティックスに係わるセミナー、コンファレンス

・31のブランチを生かしたセミナー、プレゼン、イベントの実施

・法的相談(メンバーには24時間無料)

・政策提言

・その他(財務相談、健康相談、ローン・保険)

以下のような出版物、政策提言がある。

・Promoting New Transport Projects? The Role of the Transport & Works Act (1992)

・Better Public Transport for Cities (1996)

・ILT Transport Policy? Shaping the Way Forward (1997)

・Railway Infrastructure? Organising for an Integrated Transport Policy (1998)

・Passenger Interchanges? A Practical Way of Achieving Passenger Transport Integration (1998)

・Logistics Software Guide (1999)

・EU White Paper? Fair Payment for Infrastructure Use (COM 466)1998? Comments on Road Management and Investment (1999)

・New Deal for Trunk Roads in England (1999)

・The Proposed Strategic Rail Authority in an Integrated Transport Framework'A New Deal for the Railways' (1999)

・Funding New Buses

3] 英国Association for European Transport (AET)

この組織は、1998年に非営利の団体として設立された。

交通のあらゆる側面に係わる理解、共同化、開発、議論を推進することを目的としている。組織は、個人会員と法人会員により運営されているが、個人を代表する12人と組織を代表する12人によりコントロールされている。

法人会員は、欧州の交通事業者、大学や研究機関、コンサルティング企業等により構成されるが、米国や日本、アジアの会員もいる。代表は現在オランダの運輸大臣があたっている。

事業としては、以下を行っている。

●European Transport Conferenceの実施

99年は3日間開催され、世界中の交通の専門家が、以下のようなテーマで議論し、出版もされる。

・Operating Railways for Traffic Growth and Profit

・交通計画、政策とその実際

・財政的基盤

・交通マネジメント、安全、インテリジェント交通システム

・公共交通計画とマネジメント

・交通計画の方法

●他の国際的交通関連組織との共同事業の実施

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,457位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
7,391

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.新海上交通システムの調査研究報告書
2.エコ交通に関する調査研究報告書
3.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
4.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
5.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から