日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


4. これまでの深海掘削での限界は何か?

 

これまでの深海掘削において、従来の方式では解決困難な問題として次のような点が指摘されています。

 

(1)炭化水素の存在域(科学掘削が不可能な地点の存在)

科学的に重要な厚い堆積層にはメタンなどの炭化水素が存在することが多いため、海洋汚染となる噴出の恐れがある地点では、掘削そのものが行えない状況にあります。また掘削途中で油兆が見られた場合は、掘削が中止されています(アマゾン川海底扇状地での掘削制限の例:図12)。

 

アマゾン、ミシシッピ、インダス、ベンガル

巨大海底扇状地は高解像度の地層保管庫

・・・地球環境変遷史を探る上で重要

 

現在の技術ではせっかくの保管庫をうまく使いこなせない。

●炭化水素域(石油・ガス)の存在→ライザー掘削が必要。

010-1.gif

アマゾン川河口海底扇状地の海底地形と掘削孔(OPDLeg155)

 

図12 これまでの深海掘削の限界

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
550位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
18,338

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
9.OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から