日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


(生きている地球)

それでも、私たちは、地球について少しずつ学びつつあります。最初は空想としか思われていなかった仮説が次第に証明されてきました。それにつれて、地球は人類が経験したこともない激しくダイナミックな変動を繰り返してきたことが分かってきました。

例えば、地球表面が何枚ものプレートに分割され、その拡大と沈み込みによって大陸が離合集散し成長してきたこと(プレートテクトエクス)、 1億年前の白亜紀に想像を絶する大規模な火成活動(スーパープルームの上昇)があり、海水準が何百mも上昇していたこと、その頃繁栄した恐竜が約6500万年前に突如として絶滅し、ユカタン半島への小天体の落下が原因となった可能性があること、このような大異変によって生物の大絶滅が何度も繰り返され、生命の進化に大きな影響を与えてきたこと、そして、過去約160万年の第四紀という大氷河時代の中でいくたびも繰り返されたきびしい氷期の中、私ども人類の祖先は耐えて生き抜いてきたことなどです(図1図3)。

 

003-1.gif

図2 エネルギー・物質循環の観点からの地球システム

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
559位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
18,724

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
9.OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から