日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


深海地球ドリリング計画フォーラム

(OD21 Forum'99)

 

3. 深海地球ドリリング計画の概要

 

1. 生きている地球

 

(水と生命に恵まれた星)

惑星探査機ポイジャーやガリレオが送ってきた太陽系の他の惑星や衛星の画像は、地球がいかに水と生命に意まれたオアシスであるかを私たちに教えてくれました。

この地球はしかし人類に対していつまでも心地よい揺りかごでいるとは限りません。これまでも異常な干ばつや水害による飢饉が繰り返され、地震、火山噴火、津波についても、都市への人口集中などによって、その被害はかえって大きくなる傾向にあります。

この気まぐれな地球に対して、これまでの観測網やスーパーコンピュータをもってしても、その変動を予測するのは容易ではありません。なぜなら、地球があまりに巨大かつ複雑な存在であり、とりわけ地球表面の7割を占める海洋や、厚い岩盤に阻まれた地球内部の観測は今も非常な困難を伴い、生態系のふるまいなども、まだほんの一部しか分かっていないからです。

 

002-1.gif

図1 地球変動の内的及び外的要因

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
550位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
18,338

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
9.OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から