日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

海事の国際的動向に関する調査研究事業報告書(海難防止の国際的動向に関する調査研究)

 事業名 海事の国際的動向に関する調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


第3節 第70回MSCの審議概要について

1、日程

(1) 対処方針会議   12月6日(日)(在連合王国日本国大使館会議室)

(2)  MSC70       12月7日(月)1000 〜 11日(金)1730

2、開催場所

   国際海事機関 本部

3、 参加国等
 
(1) 議長: Dr. G. Pattofatto(イタリア)
(2) 参加国: 84カ国(香港中国及び澳門を含む)及び 43機関
(3) 日本側参加者: 26名
  ◎:本委員会からの出席者 ○:英国からの出席者
 
在連合王国日本国大使館参事官 奈良平 博史 (運輸担当)
在連合王国日本国大使館一等書記官 山田 浩之 (運輸担当)
在連合王国日本国大使館一等書記官 福田 左千夫(郵政担当)
在連合王国日本国大使館一等書記官 佐野 太 (科学技術担当)
運輸省海上技術安全局安全基準課長 矢萩 強志
  運輸省海上技術安全局船員部船舶職員課 庄司 新太郎
  運輸省交通局外航課 豊田 力
  運輸省船舶技術研究所 金湖 富士夫
海上保安庁警備救難部航行安全課長 山内 一良
海上保安庁水路部参事官 鈴木 実
  海上保安庁総務部国際課 小池 貞利
  水産庁資源生産推進部研究指導課 三野 雅弘
  郵政省参与 三宅 幸彦
  九州大学 篠田 岳思
(社)日本船主協会欧州事務局長 赤塚 宏一
  (社)船舶艤装品研究所 吉田 公一
  (社)日本海技協会 佐野 修
  (社)日本海技協会 曽根 絃
  海外再処理契約委員会事務局 小松 隆
(社)日本造船研究協会 篠村 義夫
  (社)日本造船研究協会 岡村 敏
  (社)日本造船研究協会 森 有司
  (社)日本造船研究協会 山口 欣弥
  (社)日本造船研究協会 竹内 智仁
(社)日本海難防止協会ロンドン連絡事務所長 徳永 重典
(社)日本海難防止協会ロンドン連絡事務所長 鏡 信春
     

 

 

 

前ページ    目次へ    次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,936位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
2,096

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「海事の国際的動向に関する調査研究」の報告書
2.船舶のバラスト水管理方策に係る調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から