日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

教養誌「ほのお ’98/6号」

 事業名 消防資料の発行
 団体名 全国消防協会 注目度注目度5


Hello Firefighter

 

022-1.gif

女優 香山 美子さん

 

"命懸けの経験"

「本当に大変でした」。女優の香山美子さんが声を落とした。大変というのは火事。この火事は人命も巻き込むものだったから、まさに"超大変"。

もちろん、これは実生活の話ではなくドラマでのこと。香山さんが日本テレビ系の火曜サスペンス劇場「道連れ」に出演した時、この大変な火事を体験した。

娘を嫁がせた中年の夫婦がいた。だが、娘と姑の仲はうまくいっていなかった。やがて、秩父にある姑の本宅が火事になった。焼け跡には娘の母親と姑の焼死体が─。その母親を香山さんが演じた。夫役は米倉斉加年さんだった。妻の死後、夫はとんでもないことに気付いた。妻が本当に復讐したかったのは娘の姑ではなく、実は自分ではなかったのか。姑と心中することで妻は犯罪者になる。そんな妻を持った夫は、これからずっと大きな苦痛を抱いて生きなくてはならない。これは、かなり陰湿な復讐だったというドキッとさせられ、ゾッとする恐怖サスペンスだった。

秩父でロケが行われた。米倉さんは、「秩父の緑が素晴らしかった。お年寄りが札所回わりをしている姿を見ていると、日本人だなあということを実感しました」と美しい風景をたん能していた。

ところが、香山さんには余裕はない。火事になって焼死するのだから命がけ。ドラマでの火事シーンは、消防署に連絡し、綿密な準備のもとで行なわれる。撮り直しはきかない一発勝負。「夕方に終わる予定がどんどん遅れてしまいました。夕食にありつけたのが夜の十時過ぎでした。火事の炎がとても印象的でした」。しかし、自分が焼死体となってしまうのだから、確かに大変だ。

財産や人命を奪うおそろしい火事。そんないたましい火事のニュースが毎日伝えられる。生活や人生を変えてしまうのだ。火事はドラマでも想像できないような悲しい結末を迎える。香山さんは、ドラマでの火事を通じて、貴重な体験をしたと言えそうだ。

(インタビュー・編集部)

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,479位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
3,601

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.教養誌「ほのお ’98/5号」
2.教養誌「ほのお ’98/4号」
3.教養誌「ほのお ’98/12号」
4.教養誌「ほのお ’98/7号」
5.教養誌「ほのお ’98/8号」
6.教養誌「ほのお ’98/9号」
7.教養誌「ほのお ’98/10号」
8.教養誌「ほのお ’98/11号」
9.教養誌「ほのお ’99/1号」
10.教養誌「ほのお ’99/2号」
11.教養誌「ほのお ’99/3号」
12.「消防資料の発行」の報告書
13.日本防火通信 222号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から