日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

教養誌「ほのお ’98/5号」

 事業名 消防資料の発行
 団体名 全国消防協会 注目度注目度5


電気に関する安全と災害

東京電力株式会社営業部

技術サービスグループマネージャー 渡辺 靖

 

はじめに

電気は、安全、便利、クリーンなエネルギーとして我々の生活を支えているが、その取扱いを間違えると感電や火災などの電気災害を発生させるおそれもある。

また、現代の生活に電気は必要不可欠であることから、電気設備は発電所から電気を使用する家庭や工場などいたる所に施設されており、消防活動においても電気に関する知識が求められている。

ここでは、電気災害の現状、生活圏にネットワーク状に広がる配電設備と家庭を中心とした電気設備の概要、電気災害発生のメカニズムとその防止対策の例について述べる。

 

一 電気災害の分類

電気災害については、表1にあるように人身災害と設備災害に大別されるが、一般には感電と火災を主体に電気災害といわれていることが多い。(表1参照)

 

表-1

002-1.gif

 

二 電気災害の発生状況

(一) 感電災害

一] 電圧区分

電気設備の技術基準第二条では電圧を低圧・高圧・特別高圧に区分している。

低圧とは、直流では七五〇V以下、交流では六〇〇V以下のもの、高圧とは直流では七五〇Vを、交流では六〇〇Vを超え七、〇○○V以下のもの、特別高圧とは七、○○○Vを超えるものである。

2] 感電災害

表2は、最近五年間に我が国の産業職場で発生した感電死亡件数を電圧別に示したものであり、全体の発生件数のうち約四三%が低圧によるものとなっている。低圧の電気による感電は、電気についての知識をもっている者でさえもこれによって死亡しており、単に電圧が低いということのみで低圧電気設備を安易に考えてはならないことがわかる。(表2参照)

 

表-2 電圧区分別感電災害

002-2.gif

注) 高電圧は高圧と特別電圧をあわせたものである。

 

(二) 電気が原因の火災

ここでいう電気が原因の火災とは、電気を便用する器具、装置から出火した火災をいう。(図1参照)

 

図-1

002-3.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,038位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
10,730

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.教養誌「ほのお ’98/6号」
2.教養誌「ほのお ’98/4号」
3.教養誌「ほのお ’98/12号」
4.教養誌「ほのお ’98/7号」
5.教養誌「ほのお ’98/8号」
6.教養誌「ほのお ’98/9号」
7.教養誌「ほのお ’98/10号」
8.教養誌「ほのお ’98/11号」
9.教養誌「ほのお ’99/1号」
10.教養誌「ほのお ’99/2号」
11.教養誌「ほのお ’99/3号」
12.「消防資料の発行」の報告書
13.日本防火通信 222号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から