日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


(3) 熱量の20%を肉類から摂取した場合

食肉からlkcalを摂取するには、穀物から1kcalを摂取する場合に比べて、10倍の植物(土地、水)を必要とする。したがって、もし食肉の割合を高めれば、「水ストレス」はより強くなる。いま、2,350kcalのうち20%を食肉からえるとすると、Cohenの式における定数項10は、[10xO.8+1xO.2=8.2]となる。これを用いて「標準ケース」と「75%効率改善ケース」の最大許容人口を修正すると表3の(4)、(5)欄と表4の(3)、(4)欄となる。

「標準ケース」の修正ケース(食肉20%)の場合、世界全体では169億人となり、2050年はもちろん2150年の将来推計人口(108億人)をも上回っているが、アジアの人口は早くも2025年には最大許容人口(45億人)を上回り、アフリカの人口も2030年代には最大許容人口(17億人)を上回る。(2050年には、アジア、アフリカにおいて最大許容人口を各々9.9億人と3.2億人上回ることになる。二大人口国の中国とインドの1995年人口はすでに各々の最大許容人口(11.5億人と7.6億人)を上回っている。

これに対して標準ケースに対して水利用率を75%改善した(食肉20%)ケースではアジア、アフリカの将来人口は最大許容人口(各々30億人と77億人)を超えることはない。また、二大人口国のうち中国の人口も最大許容人口を超えることはないが、インドは2025年には最大許容人口(d 23.2億人)を超え、2050年には2.1億人上回ることになる。

 

おわりに

 

主として先進地域のオセアニア、北米、ヨーロッパ、ならびに主として途上地域の南米については、21世紀においても、部分的にはいざ知らず全体としては、水資源が食糧ならびに人口の制約要因になることは考えにくい。これらの地域については、かなり厳しい条件(表3のケース3の場合)の下でも水資源には十分な余裕があり、先進地域はもちろん、南米の場合は今後の工業化の進展、都市化、生活水準の向上による水需要の増大を考慮に入れたとしても、水不足の問題は起こりそうもない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
101,333

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から