日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


この定義に従うと、1995年時点で、世界ならびに主要地域全体としては「水不足のない」状態である(表2の(5)欄)。しかしなが国別にみると、「水ストレス」の国は11カ国(2.70億人)、「水不足」の国は18カ国(1.66億人)ある。世界人口に占める割合は、各々4.7%と2.9%である。(9)これらの国の多くは、中近東、アフリカの砂漠地帯に位置している。

今後、人口の増加にもかかわらず、少なくとも2050年までは、世界、主要地別にみる限り、水不足状態は起きないが、21世紀後半にはアフリカ、アジアは全体として「水ストレス」に近い状態に陥る恐れがある。二大人口国のうち、インドは20世紀にはいると「水ストレス」状態に陥り、中国も2050年までには水ストレス状態に陥るであろう。国別には、2050年には、「水ストレス」の国は15カ国(23億人)、「水不足」の国は39カ国(17億人)に達するものと予想される。その時点で、それらの国の世界人口に占める割合は各々24%と18%となる。(10)

 

3. 水資源からみた最大許容人口

 

(1) Cohenの(水資源からみた)地球の最大許容人口

Cohenは、もし人間が地球上の年間更新可能淡水有効水量を、飲料水など家庭用に必要な最低限の水と穀物生産のための灌漑農業に必要な水としてだけ用いたとしたら、一体何人の人口を養うことができるかを試算している。(11)彼の方法は以下の通りである。

まず、1キログラムの小麦粉を生産するには、2キログラムの小麦が必要である。蒸散率を500%とみると、そのために必要な水は1,000キログラム(=2キログラムx500=1m3=1t(トン))である。小麦粉1キログラムは3.500キロカロリーの熱量を生み出す。1人1日1,000キロカロリーの熱量を1年間消費するのに必要な小麦を生産するのに必要とされる淡水は100t(トン)である。

さて、1人の人間が1年間灌漑農業から生産される穀物で必要な熱量を摂取するのに必要な淡水量(Wrm3)は次式で表される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
101,412

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から