日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


2. 水の供給量と水不足

 

(1) 水の供給量

地球上の水の総量は約14億立方キロ(km3)にのぼるが、その96.5%は海洋の塩分を含んだ末であり、淡水はわずかに2.53%(約3500万km3)にすぎない。さらに地球上の淡水の69.6%は氷河などの形で閉じ込められており、地下水ならびに河川・湖沼に存在するのは、各々、30.1%(1050万km3)ならびに0.34%(11.9万km3)にとどまる。(7)

水の循環システムによって毎年降水の形で陸地に供給される水は約11万3000km3である。このうち63.7%の7.2万km3は蒸発と植物からの蒸散によって大気圏に戻り、残りの36.3%(4.1万km3)のみが河川・湖沼に注ぐか地下水となる。人間が利用しうる年間に更新される水資源(年間更新可能淡水有効水量)は世界全体では41,000km3ということになる。

これを地域別にみると、表2の(1)、(3)欄の通りである。主として途上諸国からなるアフリカ、アジア、ラテンアメリカの淡水有効水量は世界全体の各々10%、27%、29%を占める。この分布を世界人口の地域別分布(表2の(4)欄)と比べてみると、水の供給量と水の潜在需要(人口)の間に大きなギャップがみられる。アジアは人口に比して水の供給量が著しく少なく、ロシアを除くヨーロッパ、アフリカもややその傾向がある。それに対して、オセアニア、南米、北米、ロシアは人口に比して水の供給量が著しく大きい。

 

(2) Falkenmarkの「水不足」の尺度

Falkenmarkは、1人当たり1,700m3(=トン)以上の年間更新可能淡水有効水量のある国を「水不足のない」状態とし、1,700トン未満、1,000トン以上の国を「水ストレス」状態、1,000トン未満の国を「水不足」状態にあると定義した。(8)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
101,333

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から