日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


しかしながらインドの死亡率低下は、中国の劇的な変化と較べると色あせて見える。中国の死亡率は1950年代初頭には人口1000人あたり25で、インドと同じ水準にあったが、20年後の1970年代初頭には7を下回る低水準となった。この間乳児死亡率は195から61へ、平均寿命は39歳から62.5歳へと、インドの50年間に相当する改善を20年間で達成したのである。インドと中国の大きな差は、単に医療技術の発達やその国民的普及度の違いによって説明出来るものではなく、中国における教育普及と社会構造の変革が農村を含む全土で徹底的に進んだことによるものと見るべきである。逆に言えば死亡率改善の格差は、インドの社会的近代化の相対的遅れを反映するものであり、その事実を認識することが人口増加の将来を展望するうえでも重要である。

 

<出生率の推移>

死亡率の低下は、出生率の低下を伴わない限り人口増加を加速させる。1950年代から1970年代前半にかけて、死亡率の低下にもかかわらずインドの人口増加率が2.3%前後の水準を維持したのは、出生率も緩やかに低下していたことを示している。合計出生率で見ると、インドでは1950年代前半の6.0から1970年代前半には5.4までゆるやかに低下した。ところが1970年代後半になると、インドの出生率の低下は加速する。合計出生率は1950年代前半から1970年代前半までの20年間で、0.54ポイント下がったが、1970年代前半から1990年代前半までの20年間は1.68ポイントの低下で、そのスピードは3倍以上となった。

しかしながら1970年代後半に出生率低下が加速した原因を、社会的・経済的要因に見出すことは非常に難しい。当時、インドは天候不順による飢饉およびオイルショックに端を発するインフレ等の政治的・経済的困難に見舞われていた。第2次インディラ・ガンディー政権は、こうした困難を克服するため強権的な諸政策を援用していたが、その一環として断種手術を中心とする家族計画の推進を強行したのである。したがってこの時期に出生率低下を加速させ得た唯一の要因は、この政策にあったと考えられるのである。しかしながら断種手術の強行は国民の強い反感を買い、やがて総選挙で国民会議派が大敗を喫する原因の一つとなった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
101,431

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から