日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


1993年に総生産量は4564億キログラムに達し、世界第一位となり、一人当たりでは387キログラムに達し、世界の平均水準となった。さらに、1997年の総生産量は4925億キログラムに達している。中国は世界の7%しかない耕地で世界の22%の人口を養っているのである。第九回五ケ年計画(1996〜2000年)での中国の食糧生産目標は、2000年に4900〜5000億キログラムである。中国の食糧生産は長期的には引き続き上昇する趨勢である。

中国経済発展の歴史経験からすると、国民経済が高速に発展する時期にはしばしば農業、特に食糧生産の緩慢な発展時期であり、国民経済の緩慢な発展時期はまたしばしば農業、特に食糧生産が速い速度で発展する時期であった。中国経済は将来の十何年間に引き続き比較的に高い成長速度を保つものと思われる。第九回五ヶ年計画と2010年遠景目標綱要によると、中国の国民総生産は第九回五ヶ年期間には年平均8%、21世紀の最初の10年間には7%となっている。中国の将来十数年間の実際経済成長率はこの計画値より高くなるとの観測が多く、9%前後に推計されている。これは世界の平均レベルを大きく上回っているものである。経済の高速な発展により、90年代に入ってから食糧生産量は引き続き上昇しているが、食糧生産量の年平均増加率はやや低下している。これが今後の長期趨勢になるのではないかとの懸念があるが、その答えはノーである。理由は以下の如くである。

(1) 政府は生産と輸出入貿易政策において、国内の食糧生産の保護に大きな力を入れている。これは政府の公表している「中国食糧問題」報告書によって確認できる。

(2) 国内の農産品、特に食糧市場システムは改革により引き続き改善され、価格弾力性の食糧生産量の増加への促進作用がさらに増強される。

(3) 中国の食糧生産はまだ大きな増加潜在力を持っており、資本、技術、労働投入、政策、制度などの条件が具備すれば、その潜在力は現実のものとなる。

多くの学者及び国家研究機構の研究(林:1995、李岳云:1996)によると、食糧生産の政策と制度変遷(例えば請負制)が基本的に安定している状況のもとで、中国の食糧生産量の増加は主として耕地単位面積の生産高向上によって実現可能である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
101,431

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から