日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


第1、1990年東北三省の生産年齢人口は6,433万であるが、実際就業者は5,270万で、労働力資源の利用率は81.9%となっている。もし、学生、軍人など10%を除いて、労働力資源利用率を85%として計算しても、まだ198万人が失業の状態である。1990年代においては、毎年新しく増加した146万を雇用するほか、平均毎年少なくとも就業率の上昇による20万の就業人口を配置しなければならない。このようにして、1990年代において、年平均160万の労働力が就業需要となっている。換言すれば、年平均新しく増大する労働力の供給量は160万人である。3)

第2、1990年東北三省国有企業の従業者は1,648.6万人である。これら全民所有制(政府機関、企業など)の就業状態は、在職でありながら余っている過剰就業状態であり、これらの潜在的な失業者と見なされるものは330万と推定されている。

東北三省の経済発展において、産業構造の転換と都市化に伴い、さらに農業機械化の普及及び生産性の上昇によって、労働力過剰の問題が一層深刻化してくるであろう。

 

3. 東北三省労働力就業の問題点

上に述べた如く、東北三省労働力の現状を見ると、数量的には非常に豊かな状態にあるが、資質的には比較的低水準である。さらに東北三省労働力の産業構造の不合理性も加えて、その経済発展にある程度影響をもたらしている。

東北三省の毎年新しく増加した労働力人口が多いことによって、この増加した労働力人数に適切な就業先が提供されなければならない。例えば2000年には三省の生産年齢人口は7,407万人に達するのであって、1990年より973.3万人の増加、年平均は97.4万、これら新しく増加した労働力は、もし、1990年三省労働力資源利用率(81.9%)で維持すれば、2000年には6,066.3万人の就業人口となる。その場合、1990年より797.5万の就職口を増加させなければならない。これを都市・農村別でみると以下の通りである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
101,388

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から