日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


上の説明から分かるように、水のもつ物理的な特徴(大きな比熱と蒸発潜熱)とその流動性によって、水は地球上の温度環境を均一化し、その地理的変化の幅を小さくしている。そして、生物の生存に適した地球環境の形成と維持に大きな貢献をしている。これは水が単なる資源ではなく、地球環境の形成要因であることを物語っている。それゆえ、水はまさに生物の生息地(habitat)そのものでもある。

 

3. 植物生産・食料生産と水

 

1) 自然植生の生産力と地球環境

植物生産は、地球上に生きる全生物の生存の源である。この原則は40億年に近い生命の歴史を貫いており、今後も作用し続けるものと思われる。それゆえ、植物生産の担い手―緑色植物群は全生物を過去から現在まで、そして未来へと物言わず担い続けてゆく『緑のアトラス』とよばれている。

この緑のアトラス(巨人)に全生物を担うフォースを与えているのは、約1.5 億kmの宇宙の彼方から地球へ絶間なく供給される太陽エネルギーである。そして、フォースの大小は次式で与えられる植生の純一次生産力(NPP,トン乾物/(ha・年))によって表される。

NPP=GPP-R (3)

ここでGPPとRは植生の総一次生産力と呼吸損失量である。

多くの実測データの処理および光合成活動のモデル的考察から、自然植生の純一次生産力(NPP)は次のモデルで評価できることが分かった(Uchijima・Seino,1985)。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
101,333

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から