日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


その程度と今後の予測に関しては現状では必ずしも確度の高いものではないといえなくもないが、変化の方向は明らかである。降雨量の減少、河川流量の減少、地下水の減少、地下水の塩水化などの影響経路がそれであり、他方では気温上昇による水需要の増加が影響することから生ずる水資源の余裕度の低下である。

こうした水資源の量的変化は現実の人口増による影響に比べれば小さいともいえなくもない。しかし、今後も継続する人口増(半世紀で50億)という条件をつきつけられて、国連の持続可能開発委員会は「21世紀の最大の問題の1つが水資源問題、つまり地球現程での水不足」を提唱するに至ったのである。1992年の国際会議(ICWE)では「水と持続可能な開発に関するダブリン宣言」を発することになったし、94年には国連総会で3月22日を「国連水の日」と定め、迫り来る水資源の危機への民衆的対応を啓発するなどに取組みはじめたのである。

世界人口の地域的変化、地球環境の変化の地域的差異などによって水危機に対する感応度は異なるが、工業化の先行する先進国も人口増加の顕著な途上国も危機意識は共通している。

 

2 工業化と水資源

 

定着した農業生産による食糧の安定供給に恵まれた時代はおよそ1万年にわたったとされているが、人類はこの間に、約500万人から5億人に増加した。しかし人口の増加が驚異的な増加に移行したものは17世紀にはじまる工業化であり、僅々数百年で10倍化というものとなった。この速度はさらに加速して20世紀末の60億人から国運人口予測にみられるように21世紀中頃には100億人に達しようとしている。

こうした人類の発展、人口の増加には農業の発展による扶養力の増大に支えられたものであることはいうまでもない。しかし、工業化は後章でふれるように農業程ではないが水資源に徐々に影響を与えつつあり、維持可能な成長のための工業のあり方が問われるようになってきている。以下で、工業化の水資源に与える影響について、みることにしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
101,412

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から