日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

保育所外国人保育セミナー(埼玉開催分)実施要綱 テキスト

 事業名 保育事業の振興並びに従事者の資質向上
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


平成10年度埼玉県保育所外国人保育実践セミナー

(平成11年11月6日(金)・7日(土)深谷グラントホテル)

 

《外国人保育の問題点と対応》 講師 萩原元昭先生

記録 門倉 文子

福田百合子

 

1980年半ばから1994年にかけて、外国人労働者の増加に伴い保育所においても外国籍幼児を預かることにより、子供の国際化と日本人だけで何かを行なうには限界があり、世界の人達と助け合って生きていかなければならない現状がある。国際社会で共に生きる日本人の育成が重要な課題になってきた。

(1) 多分化化の問題点

同じ考え方・価値・習慣・言語を認めて尊重する基本的考え方の見直しが必要である。外国籍の親と子供のもつ要求に応じて学習する機会を設定することと、帰国する時に母国の文化に接するわけであるから、今迄育った国の文化を保持しなければならない事に対して、子供が自立するために必要な援助の接点が国や地域のなかに、どのように現実の問題として存在するか考えていかなければならない。

(2) 日本の多分化化社会に向けての幼児教育の問題点

1] 預けたいときに入所できる保育所がない。(0歳児)

2] 幼児期における個性の問題。

3] 保育者がマニアル的である。

4] 保育者が日本の保育が一番であると思い、外国人の母親に対して啓発的である。

5] フルタイム働く人に保育所は預けにくい条件になっている。

(3) 育児の国際化を考えた時に幼児の個性の問題点

日本の保育は縄跳びのできない子にプレッシャーを与えたり、身長・体重の発育グラフを貼ったり、美しい、太っている等の体付きについても、いつでも一緒に仲良くという画一的であり、個性を認めにくい面がある。

外国では一人一人の見えない心理的要求に保護者の方が充足する。自立する環境や援助の方法を考えながら躾は家庭、教育は学校の役割である。各家庭の雰囲気・価値観の違いや自分の持っている遺伝とか経験がそれぞれ異なるので違う子供が育つ、多様性を認めている。

子供たちが就園することによって、市民として、社会の一員として、その役割を獲得していくために、どのような知識や技能が必要であるかの責任を園が担うことができるように家庭と連携し、多分化化されていく中で一人一人の個の違いを受け止め、援助できる方法、環境づくりが大きな課題になっていく。問題は保育者と幼児・保育者と親の人間関係、あるいはコミニケーションのあり方が基本ではないかと思われる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,505位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
1,871

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)」テキスト
2.「保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)」テキスト
3.「保育所保育・保健研修セミナー」アンケート結果
4.「保育所保育・保健研修セミナー」研修内容及び年度別参加者数の推移
5.「保育所保育・保健研修セミナー」写真
6.保育所外国人保育セミナー(中央開催分)実施要綱 テキスト
7.保育所外国人保育セミナー(京都開催分)実施要綱 テキスト
8.保育所外国人保育セミナー(大阪開催分)実施要綱 テキスト
9.保育所外国人保育セミナー(佐賀開催分)実施要綱 テキスト
10.保育所外国人保育セミナーアンケート報告書
11.保育所外国人保育実践セミナー年度別実施内容及び参加者数の推移
12.保育所外国人保育実践セミナー開催写真
13.子どもの感性を育てる表現研修会(山形開催分)テキスト
14.子どもの感性を育てる表現研修会(富山開催分)テキスト
15.子どもの感性を育てる表現研修会(島根開催分)テキスト
16.子どもの感性を育てる表現研修会(沖縄開催分)テキスト
17.子どもの感性を育てる表現研修会実施報告書
18.子どもの感性を育てる表現研修会開催写真
19.子育て相談の手引き
20.「保育事業の振興並びに従事者の資質向上」の報告書
21.教育用パンフレット「膝痛を治すための日ごろの手入れ」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から