日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)」テキスト

 事業名 保育事業の振興並びに従事者の資質向上
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


第4分科会

 

心の健康と食生活

 

司会者  高田テルミ(貝塚市・貝塚南保育園長)

提案者  小川康枝(堺市児童福祉部保育課栄養士)

助言者  高野陽(東洋英和女学院大学教授)

 

提案要旨

 

おいしく 楽しく

-食べることが大好きな子に-

 

小川康枝(堺市児童福祉部保育科栄養士)

 

現在、子ども達を取り巻く食環境は大きく変化し、次代を担う子ども達の食習慣の形成や情緒発達、そして健康にどのような影響を与えているかを考えるといささか心配です。心と身体の成長は、食の発達と共に備わることが多く、また食の発達は遊びや生活など周囲の環境に左右されることが少なくありません。子ども達にとって食事は遊びと同様に生活の中心です。楽しい食事は人の心を和ませ、心を豊かにしてくれます。そんな中、子どもの食事に手をかけない、手をかけたくても手をかけられない親が多くなってきています。昨今の子どもの食生活の現状は、朝食を食べて来ない、おやつが多くて夜食が多い、甘いものと脂っこいものが多い、食塩が多い、インスタント食品・スナック食品が多い、食物繊維が足りない、カルシウムが足りない、肉が多く魚が足りない、偏食や孤食が多い等々、いろいろ問題があります。それを継続した結果、味覚の画一化や栄養のバランスがくずれ、肥満や生活習慣病(成人病)症候群の若年齢化といった健康への影響が起こっています。また、いま深刻な子ども達が“キレる”問題も、“食の乱れ”が関係あるとみる向きもあります。子どもの食事は栄養補給だけにとらわれないで、誰と(Who)、何を(What)、どのように(How)心をかよわせながら食べるのかが大切なことです。さらに個人差の多い乳幼児期の食事は、栄養基準量中心の考え方だけではなく、食べる楽しさを育てる、ゆっくり味わうおいしさを子ども達に知らせることが大切です。

子ども達が安心して、おいしく、楽しく食事ができる環境は、大人(保育者)が作ってあげる必要があります。

日常の保育の中で食事の大切さを改めて考える機会になればと、今回、各保育所で“おいしい、楽しい食事”にするためにいろいろ取り組んでいること、工夫していること、配慮していることについてグループ交流した内容を報告させていただきます。

 

1. おいしい食事をしていますか?

食事の強制(無理強い)や管理(監視)は逆効果

共に食事する安心感と満足感がおいしさにつながる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,267位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
2,135

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.「保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)」テキスト
2.「保育所保育・保健研修セミナー」アンケート結果
3.「保育所保育・保健研修セミナー」研修内容及び年度別参加者数の推移
4.「保育所保育・保健研修セミナー」写真
5.保育所外国人保育セミナー(中央開催分)実施要綱 テキスト
6.保育所外国人保育セミナー(埼玉開催分)実施要綱 テキスト
7.保育所外国人保育セミナー(京都開催分)実施要綱 テキスト
8.保育所外国人保育セミナー(大阪開催分)実施要綱 テキスト
9.保育所外国人保育セミナー(佐賀開催分)実施要綱 テキスト
10.保育所外国人保育セミナーアンケート報告書
11.保育所外国人保育実践セミナー年度別実施内容及び参加者数の推移
12.保育所外国人保育実践セミナー開催写真
13.子どもの感性を育てる表現研修会(山形開催分)テキスト
14.子どもの感性を育てる表現研修会(富山開催分)テキスト
15.子どもの感性を育てる表現研修会(島根開催分)テキスト
16.子どもの感性を育てる表現研修会(沖縄開催分)テキスト
17.子どもの感性を育てる表現研修会実施報告書
18.子どもの感性を育てる表現研修会開催写真
19.子育て相談の手引き
20.「保育事業の振興並びに従事者の資質向上」の報告書
21.教育用パンフレット「膝痛を治すための日ごろの手入れ」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から