日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

信頼される公務員になるために?効果的・効率的な公務遂行のための100シート?

 事業名 開発途上国等の公務員の人材育成に関するプログラムの開発
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


第6章 公務サービスの向上

 

公務は最大のサービス産業であるとも言えます。これからの公務は、いかにして国民に良質なサービスを提供するかという観点を踏まえつつ遂行することが必要です。

 

6-1 行政サービスに対する国民の声

 

行政サービスの顧客は言うまでもなく国民です。公務の場合、その対価関係が明確でないため、国民が顧客であるという認識が乏しくなりがちです。常に、国民の声に耳を傾け、よりよい行政サービスの提供に努める必要があります。

(議論のポイント)

・あなたの職場には公務が行政サービスであるという認識が定着していますか。

・あなたの職場には住民の声を聞き、それを反映するような仕組みはありますか。

シート86 行政サービスに対する国民の声

 

6-2 サービス向上方策

 

行政サービスを向上させるためには、国民の声を考慮しつつ、職員の創意工夫を活かして、サービス向上方策を考え、また、そうした動きを職場全体に拡大し、サービス向上運動を展開することが必要です。

(議論のポイント)

・あなたの職場では、どのようなサービス向上方策・運動を導入していますか。その効果はどうですか。

シート87 サービス向上方策

シート88 マレーシアにおけるサービス向上の試み

 

6-3 接遇

 

行政に対する信頼は、政府が取る政策によるところも大ですが、個々の職員の国民に対する接し方によるところも大きいと言えます。いかに、政策が優れていても、その政策実施に従事する職員の国民への接し方に問題があれば、政府への信頼は得られないでしょう。

(議論のポイント)

・接遇はなぜ重要なのでしょうか。

・あなたは自らの接客態度をどう思いますか。どういう点が優れていて、どういう点が劣っていると思いますか。

・接遇態度を改善するにはどのような点に留意したらいいでしょうか。

・来訪者に応対するときには、どのような点に注意したらいいでしょうか。

シート89 接遇の重要性

シート90 立場を考えての接遇

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
167位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
81,947

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.“HOW TO WIN PUBLIC CONFIDENCE AS COVERNMENT OFFICIALS"-100 Sheets for Effective&Efficient Public Administration
2.「開発途上国等の公務員の人材育成に関するプログラムの開発」の報告書
3.将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査(平成10年)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から