日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第58号

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


最後が佐渡でつづられた『金島書』(吉田氏は、表題を「金島集」と紹介している)である。この紀行ふうの小謡曲舞(くせまい)集は、吉田氏の紹介以外には、その後どこからも写本が発見されていない。佐渡へ流されていく道中、配所佐渡の国情、島における知見や心情がつづられている。この一篇によって、世阿弥が最晩年を佐渡で過したこと、この書がいわば絶筆の形になり、以後まったく消息を断ったことなどが知られることになる。

 

◎配流の地・佐渡を綴った『金島集』

『金島集。一帖。合一十四紙。外題に金島書とあるは、後人の追號なるべきも由来明白なり。金島とは、佐渡の島に古来黄金の出づるに取りて命名したる者(もの)にして」と吉田氏は書名の由来を書いている。八つの詞章からなるこの書は、まず「若州」から書きはじめられる。福井県の旧国名で、永享六年(一四三四)五月四日に都を立ち、つぎの日には小浜の港に出ている。敦賀とならぶ室町時代の有名な海港で、大津から船で琵琶湖を下ったという説もあるが、京都と小浜を直接陸路で結ぶ「若狭街道」(鯖(さば)街道)を歩いて小浜へ出たとみられる。短距離の上に、敦賀より佐渡には遠い小浜へ出て出帆しているためである。

「海路」は日本海を北上していく船旅が記される。「東(ひがし)を遥(はるか)に見渡せば、五月雨(さみだれ)の空ながら、その一方(ひとかた)は夏もなき、雪の白山(しらやま)ほの見えて」とあるから、石川県南東の白山連峰が視界をかすめていた。続いて「能登」「珠洲(すず)の岬」「七島(ななつじま)」が記される。「七島」は輪島市の北方二○から二五キロ沖合いに浮かぶ七つの離島で、珠洲の岬をかわして船はやがて富山湾に入る「海岸遥(はる)かにうつろひて、入日(いりひ)を洗ふ沖(おき)つ波、そのまヽ暮れて夕闇の、蛍とも見る漁火(いさりび)や、夜の浦をも知らすらん」の美しい描写がある。

 

055-1.gif

世阿弥が着船した畑野町多田湾

(対岸の山は越後の弥彦と角田・撮影・打木一)

 

055-2.gif

笠取峠を描いた石井文海の「佐渡一国海岸図」。右端に多田村が見える

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
362位
(33,670成果物中)

成果物アクセス数
30,841

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月24日

関連する他の成果物

1.豪雪地 渋海川流域の民家とその環境
2.越前大野の城下町と町家
3.旧中林綿布工場保存活用調査報告書
4.自然と文化 第59号
5.自然と文化 第60号
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.シルクロード地域 各国観光情報収集調査 トルコ・シリア編 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から