日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例18 石川県・能都町(人口12,946人 面積115.46km2)

〜まほろば成人式〜

 

1. 交流事業の契機

能都町には、町の活性化や効率化に寄与する提案を、職員から募集する「プロポーザル制度」という職員提案制度がある。「まほろば成人式」は、この制度により提案され、平成9年度に初めて事業化されたものである。

 

2. 交流事業の経過・概要

この事業は、満50歳を人生第二の節目の成人式としてとらえたもので、自分のルーツやふるさとを見つめ直し、皆で集い友と語らい、その交流人口を増やし、町を活性化するという目的を持つ。本年1月に第1回目を開催するにあたり、同級生が実行委員を務め、諸準備を進めて開催されることとなった。

1月15日「成人の日」。全国各地で二十歳の成人を祝う式典が開かれる中、能都町では50歳の人たちによる成人式「まほろば成人式」が行われた。

日本で初めてのこの成人式に、対象者約600名のうち159名が参加し、数十年ぶりの友との再会に手を取り合って喜ぶ姿があちこちで見られた。かつてのニックネームで呼び合い、会場は少年時代へタイムスリップしたような盛況ぶりだった。

式は、「人生の節目、50歳を迎えた今、21世紀を中心となって支えていけるよう、私たちのふるさと能都町を心の「まほろば」として頑張っていきたい」という代表者の弁で幕を閉じた。

その後、成人者たちは出身学校ごとに同窓会会場へ向かった。

なお、「まほろば」とは、「まほらば」あるいは「まほら」とも言われ、美しいところ、優れたところという意味をもった言葉である。

 

3. 交流事業の効果

当事業を通して、久しぶりに故郷の土を踏んだ人も多く、これを契機にふるさととの交流を誓い合う声も聞かれ、交流人口の増はもとより、ふるさと愛も育成されるなど、目に見えない間接的効果があったと考えている。

参加者の喜びの声をいくつかあげてみる。

 

◆20歳の成人式ができず、淋しい思いをしましたが、今日は娘と一緒に成人式を迎えられたので、とても嬉しいです。私にとって初老の区切りと20歳の区切りが一度にできたので、本当に良かったです。

◆ふるさとを離れて約35年、能都町へほとんど来られなかったので、今回のような式を開催していただき、本当に良かったです。人生の折り返し地点に立ち、これから新たな気持ちで頑張っていきたいです。

◆20歳の成人式には都合で出席できず、生まれて初めての成人式を迎えました。同級生はいくつになっても男女関係なく、「なあなあ」言えるのでいいですね。50歳になるのでボランティア精神を身につけていきたいです。

◆昔の友達に会えて嬉しいです。卒業してから初めて会う人もいました。こんなに楽しいので、本当に出席して良かったです。次回行なう人たちは、みんなに声を掛け合い、もっと多くの人が集まるようにしたらいいですね。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から