日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


178-1.jpg

東郷町子ども会、宜野湾市学童交流、川崎市学童交流サマーキャンプ

 

(1) 前史と目的

この姉妹都市提携協定の締結には歴史的背景がある。太平洋戦争中の昭和19年9月に、「学童集団疎開準備に関する要項」(昭和19年7月19日付)に基づき、沖縄・宜野湾町の3つの国民学校の児童86名が、引率教諭3名および寮母・寮員3名と共に、東郷町の2つの国民学校に学童疎開してきた。その後1年足らずで終戦となり、さらに1年を経た昭和21年9月に、全員無事に宜野湾町に帰郷した。

その後、昭和46年に、東郷町の坪谷国民学校に学童疎開していた人たちの有志が、20年振りで来町を果たしている。また、昭和56年には坪谷小学校の校庭に学童疎開の記念碑が建立された。

こうした歴史的背景の下に、両市町の交流の気運が高まり、59年には東郷町長および町議会議長が宜野湾市を訪問、協定締結の動きが早まり、60年4月の協定の調印となった。

そして、これに基づき、次代を担う児童たちが相互に交流することにより人的絆を強めるとともに、見聞を広め、心豊かで実践力のある青少年の育成を図ることを目的として、児童の交流事業が始められたのである。

 

(2) 実績と内容

交流の実績を表5に示す。昭和62年〜平成元年7月までは半年の間隔で交互に派遣し合っていたが、それ以降は隔年で交互に派遣する形式となっている。期間は3泊4日。対象は小学5・6年生。派遣児童数は14名。平成10年の第7回までの派遣児童数累計は、東郷町から88名、宜野湾市から98名となっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
772位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
14,152

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から