日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


(5) モデルハウス「森の館」

60万円で20年後に杉の木材30m3といっても、会員は「30m3とはどんなものか」「家一棟は可能か」などの不安もあろう。そんな不安を解消し、マイホームの夢をより現実的なものとし、実際に建築可能なことを実証するため、いわばモデルハウスとして「森の館」を建設した。年間、多数の人(15万人)が訪れ、交流の拠点となっているフィッシングパーク内に、この「森の館」が建設されている。

(参考)上津江村で植栽されている主なスギ品種

・ヤブクグリ〜日田地方の代表的なスギ品種。玖珠地方、竹田地方、熊本県小国地方、福岡県八女地方などにも広く造林されている。地味の良好な場所では旺盛な生長を示すが、一般的には中性型。上津江村ではこの種が最も多く、約40%を占める。

・アヤスギ〜北部九州一体に古くから分布し、大分県内でも日田地方を中心に造林されている。幼齢期の生長が遅く晩生型。上津江村では約30%。

・リュウノヒゲ〜上津江村、熊本県菊池地方にかなり広く分布する従来品種。成長は中生型。上津江村では約10%。

・クマントスギ〜上津江村、中津江村、熊本県鹿本郡の一部に分布する。生長は遅い。上津江村では約5%。

・ヒノデスギ〜生長が早く、特に直径成長がすぐれている。適地の幅は比較的広い。上津江村では約5%。

 

4 コメン卜

 

(1) 山奥の小さな村が、総面積の90%以上を占める森林という資源を生かして、交流をはじめ、イベント、定住促進、人材育成など多彩な取り組みをして、成果を上げていることを高く評価し、声援を送りたい。

(2) 交流の歴史の長さを感じさせる。交流は長期にわたって継続することによって、経済的、精神的両面のさまざまな波及効果を生み活性化につながる。この継続性のメリットを“森づくり20年”と結びつけた「一棟分ふるさと森づくり」のアイデアと、それを実践して成功させた行政と住民の息の合った協働関係も、結局は長期継続した交流がもたらした波及効果であると思われる。

(3) 農林業と観光レクリエーションを結合させた活性化戦略、全村が森林という視点でとらえ、四つの地域にゾーニングした「森林ランド」構想など、交流とは何かのしっかりした理念が感じられる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
771位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
14,253

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から