日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


1 上津江村の概況

 

(1) 位置、自然

上津江村は、大分県の最西南端に位置し、東、西、南は熊本県と、北は大分県中津江村と接している。総面積8,553haの大部分は山林で、周辺は酒呑童子山(1,181m)など1,000m級の山々が連なっている。(図1)

村内を川原川、上野田川が北流し、村の最北端で津江川と合流、津江川は大山川を経て日田盆地で玖珠川と合流して筑後川となり、福岡県筑後平野に至る。

集落は、川原、上野田両河川の谷間に散在し、標高が360mから600mを超える集落もある。気候は山地型で、年平均気温は13.7℃。年降雨量は2,500〜3,000mm、年平均湿度80.8%で霧が多く、林木の成長に適している。

 

図1 上津江村位置図

160-1.gif

 

(2)  沿革

上津江村は、近世以降総じて幕府領の日田代官支配地で、明治22年の市町村制施行で川原、上野田両村が合併して上津江村となり、現在に至る。大正期に入って、大山村から津江川に沿う県道が開通し、日田方面との交流が活発となった。材木生産量が伸び、津江スギ、日田スギの産地として全国に知られるようになる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から