日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


○出羽川でのハンザケウオッチング(オオサンショウウオ観察会)に毎年50人(瑞穂町)

○陰陽神楽競演大会鑑賞ツアーに毎年45人(瑞穂町)

○生協ひろしま会員との田植え・稲刈り体験交流に毎年130人(石見町)

○昔ながらの炭焼き体験交流に広島市内や市内周辺から毎年40人(石見町)

といった具合である。各町村が独自の方法で都市住民との交流事業を展開していることもうかがわれよう。アンテナショップの果している役割は大きい。

 

2 「農遊村」の試み

このようにアンテナショップを通しての都市住民との交流が進んではいるが、グリーン・ツーリズムの目標は、日帰りや短期の滞在ではなく、たびたび訪れる、いわゆる「リピーター」人口の増大を図ることであり、そのリピーターも単なる観光ではなく、長期滞在型の農村体験、さらには定住化を実現することにある。その点では、上記の事業はまだ十分とはいえない。

近時都市住民の田舎志向が強まり、定年帰農とか田園就職といった言葉が流行し、それを特集した雑誌はもとより、田舎の土地、建物などの買物情報誌さえ現われている。なにごとであれすぐにブームにしてしまう日本人のわるい癖がここにも出ているようで、先き行きに危惧を覚えるが、田舎への関心それ自体がわるかろうはずはなく、それが時代の流れになりつつあることはいなめない。グリーン・ツーリズムの成否は、そうした趨勢をいかに正しく把握し、適切に対処するか否かにかかっている。そこにアンテナショップの役割がある。

邑智郡が島根県グリーン・ツーリズム推進モデル事業として試みているものに、瑞穂町の「農遊村」体験がある。農遊村は標高400〜500メートル、かつて昭和50年前後から県の開発事業によって開かれた日の原地区にあり、ここで田地100坪を限度として希望者に年3,000円で賃借し、農業体験をしてもらうというものである。12人の応募者があり、平成9年5月に開村式を行なっている。

 

3 グリーンツーリズムの課題

以来都市住民の農業体験は、地元住民との交流を通じて行われ、最近支援の会もつくられたという。

しかし問題がないわけではない。トイレがない、水道や休憩所もない、農具を入れておく施設もない。いまのところ近所にある煙草乾燥所の施設を利用してもらっているが、早急に解決しなければならない。その費用を地元としてどう負担するかという問題もある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から