日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


他の同期生も、経歴はさまざまだが、都会をはなれた田舎で、香とともに生活してみたいという思いは共通しているようだった。一日のスケジュール、季節ごとの仕事、ハーブ園を出ての町の人たちとの交流などについて尋ねたが、二人とも生き生きとした表情で語ってくれ、充実した日々を送っていることが察しられて嬉しかった。

平成10年までの5年間で研修したOBは30人、そのうちわけは関東7人、関西11人、中国9人、九州3人である。うち8割が残って石見町(10人)と隣町(3人)に住み、他はそれぞれ郷里に戻った(その中でハーブ関係の仕事に就いているもの3人、結婚5人、その他)。町内に残った者のうち3人はクラフト課に就職し、後輩の指導にも当っている。同窓会ももたれ(選に漏れた人も加って)、お互いに情報を交換し合っている。そんな話を香木の森館長・三宅紀夫氏や植物学などを教えている渡辺生紀氏、ボランティアで指導に当っている寺本恵子さんなどから聞いた。公園への入場者も、雪の季節を除いて14万人にものぼり、リピーターも少なくないという。都市住民との交流による経済的効果も上っているとみる。

もっとも研修制度については、いまの方式でこのまま続けてよいのか、見直しの時期に来ている。短期(7〜12日ていど)の研修会を行うようになったのも、微調整の一つであろう。初期段階では研修終了者で町に留まったものもいるが、その受け皿がなくなっている。投資の成果が町に還元されないのでは、といった声が出てくることもあろう。グリーン・ツーリズム事業の正念場に来ているように思われるが、これまでの努力を見た者からは、なんとしても頑張ってほしいという言葉をおくる以外にない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
772位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
14,152

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から